***<今日の一枚>***


2022.1.27
お爺さん
LEICA Q2 1/250 f2.8 SUMMILUX 28mm

散歩をしていたら お爺さんに会いました    
確か 去年の11月に会って以来です      
あの時と同じ服装をしています         
しかし 姿勢は少し変わっています       

「こんにちわ」と言うと            
ニッコリしました               
「その服装 気に入っているんですね」と言うと 
ニッコリしました               
「元気でいてください さようなら」と言うと  
ニッコリしました               

お爺さんの笑顔はみんなを幸せにしてくれます  




2022.1.26
ナニワイバラ
LEICA Q2 1/400 f4.0 SUMMILUX 28mm

またまた変なものを見つけました        
植物の実であるようですが 表面にトゲトゲが  
沢山生えています               

ここにはどんな花が咲いていたのでしょう    
以前撮った写真を探して ついに見つけました  

ここには以前 白いバラが咲いていたのです   
綺麗な花とは似ても似つかない姿の実ですね   
トゲトゲにバラの面影を残しています(^_^)    

2020年5月撮影





2022.1.25
タヌキ
RICHO GR3 1/200 f2.8 GR LENS 18.3mm

カメラ片手に散歩をしていると話かけられました  

周りには誰もいません              
キョロキョロしていると また声が聞こえます   
『ここだよ 見えないの?』           
やっとわかりました 焼き物の大きなタヌキが話しか
けているのです                 

タヌキはオミクロン株の感染対策で悩んでいました 
『これまでステイホームを守り出歩かないようにして
 いたが 偉い先生の話ではステイホームは必要なく
 出歩いて良いと言うことになった しかし自分は 
 行くところはない 動かないと経済というものが 
 困るらしいのだが 一体どうすれば良いのだろう』

私は言いました                 
「偉い先生は言い過ぎだったと言っているから   
 これまで通りステイホームしていれば良いんだよ」

タヌキは訳がわからないという顔をしながらも   
ステイホームを続けると言っていました      
タヌキでなくても混乱しますよね         
偉い先生はもっとしっかりして欲しいものです   




2022.1.24
廃棄物
LEICA Q2 1/800 f1.7 SUMMILUX 28mm

よく散歩するコースに目立つ廃棄物があります  
小型のパワーショベルで錆び付いています    

何年も前から いや10年以上前からあります  
多分 廃棄物の持ち主とこの空き地の地主が同一 
または地主の了解のもとに置いているのでしょうね
今のところ実害はないようですが この光景は歓迎
されるものではありません           

処分にはお金がかかり大変なのかもしれませんが 
昔は活躍してくれたパワーショベルのためにも  
早く成仏させてあげたいものです        




2022.1.23
家庭菜園
LEICA Q2 1/800 f4.0 SUMMILUX 28mm

最近は都会を抜け出し田舎に住む人が増えています
しかし完全に田舎に行ってしまうと不便なことも 
多いでしょう                 
そこで都会に近い田舎に住むのもいいですね   

周りは緑に溢れ 少し電車に乗れば都会に行ける 
このような環境ならば言うことなしです     

こういうところには自治体が貸し出す農地があるも
のです リタイアした人は毎日が日曜日ですから 
野菜などを育てて趣味と実益の両取りもできます 

私もこういうところに住んでいます       
家庭菜園どころか農地を借りて本格的と思える農業
をしている人もいます             
我が家では妻が庭にトマトやイチゴなどを栽培して
います ミニトマトは沢山採れ食卓を彩りました 

「ところで お前はやってるのか?」ですって  
ご想像にお任せします (^。^;)          




2022.1.22
これは何?
OLYMPUS E-M1mark3 1/500 f6.1 M.ZUIKO 100-400mm

変なものを見つけました            
枯れた花がミイラのようになっています     

ここにユリが咲いていたことを思い出しました  
これは種殻で中に種が入っています       

やがて種が飛び 地下で根を伸ばして球根を作り 
何年も冬の寒さや夏の暑さを経験したのちに   
ようやく芽が出て 葉が出ては枯れるのを数年  
繰り返し 発芽4年目でようやく背丈が伸びて  
大きな蕾をつけるそうです           
全てネットで仕入れた情報です(^。^;)      

種から育てると何年もかかるためユリは球根で  
育てるのですね                




2022.1.21
ヒヨドリ
OLYMPUS E-M1mark3 1/800 f6.3 M.ZUIKO 100-400mm

鳥を探して久しぶりに超望遠ズームレンズをつけて
散歩をしました                
見つかったのがカラスとヒヨドリでした     

流石にカラスの写真を撮っても?なので     
ヒヨドリを撮りました             

相変わらずボサボサ頭に茶色いほっぺで 素知らぬ
顔をしながらこちらに注意を向けていました   
胸にも特徴的な模様があって チェック柄のベスト
を着ているようにも見えますね         




2022.1.20
路地
OLYMPUS PEN F 1/60 f4.0 M.ZUIKO 12-45mm Pro

小さな飲食店が並ぶ新宿ゴールデン街を歩きました
狭い路地を覗くと 壁面にびっしりとガスや電気の
制御機器が並んでいます            

この数だけ店が入っているのですね       
機器のメーターが各店の鼓動を表しています   

コロナ禍が収まり メーターがフル回転する日は 
いつになるのでしょうか            




2022.1.19
ロウバイ
OLYMPUS E-M1mark3 1/2000 f6.3 M.ZUIKO 100-400mm

ロウバイ(蝋梅)は冬に咲く貴重な花の一つです 
中国ではウメ、スイセン、ツバキとともに    
「雪中の四花」と呼ばれるそうです       

例年 昭和記念公園で撮る花ですが 今回は散歩の
途中で見つけました              

その名前の通り蝋細工のような花を咲かせます  
ところで枝には花の他に黒いものが付いていますね
実はこれがロウバイの実なのです        
綺麗な花に似つかわしくない実ですね(^_^)    





2022.1.18
魯肉飯
LEICA Q2 1/800 f4.0 SUMMILUX 28mm

散歩をしていると黄色いケバケバしい看板が目に 
つきました それは店の壁一面に描かれています 

「ルーローハン」 漢字で書くと「魯肉飯」   
絵を見ると肉と野菜が盛られていますが     
私は食べたことがありません          

ネットで調べてみると台北で有名な料理らしく  
一言でいえば肉そぼろをかけたご飯で 豚の脂と 
甘辛い煮汁が特徴とのことです         

尤もお店によってコッテリからアッサリまで色々 
あるらしく煮汁の量も異なるといいます     
この看板には漢方入りと書かれているのでますます
味がどうなのかと思ってしまいます       

結局 店には入らずじまいでした(^。^;)      



2022.1.17
エッセンシャルワーカー
LEICA Q2 1/1000 f4.0 SUMMILUX 28mm

新型コロナウイルスのオミクロン株が猛烈な勢いで
拡大しています                

重症化率はデルタ株に比べて低いと言いますが  
感染者や濃厚接触者が増えて医療や介護は勿論  
消防、警察、交通などに従事する人たちが勤務でき
ない状態が危惧されています          
すでに航空関係で減便が出ているそうです    

感染速度を抑えるためには できる限り早く3回目
のワクチンを打ち リモートワークも復活させる 
必要がありますね               
勿論 不要不急の外出や外食は控えるべきでしょう

リタイアかつ高齢者である私などは日々不要不急で
厳に行動を慎まなければなりません(^。^;)    




2022.1.16
除雪
LEICA Q2 1/2000 f2.8 SUMMILUX 28mm

10日ほど前に東京でも雪が降りました     
都心で10cmの積雪だったそうです       
雪国から見れば降ったと言えないくらい僅かですが
雪に慣れていない東京では スリップ事故などが 
続出しました                 

特に翌朝に事故が多く発生しましたが      
これは降った雪が夜に凍ったためでした     

幹線道路は公的な除雪作業が行われますが家の周り
は自分達でやらねばなりません         
私たちはまだ出来ますが 80代 90代の方々は
難しくなってきます              

助け合わなければなりませんが こちらも年々歳を
取りますので この先どうなることかと心配です 




2022.1.15
冬の昼下がり
OLYMPUS E-M1mark3 1/800 f4.0 M.ZUIKO 12-100mm Pro

冬でも日差しがありポカポカする日ならのんびりと
ベンチに座って読書をしたいですね       

しかしこういう気持ちはリタイアした人が感じる 
贅沢でしょう                 
現役の人たちにはそんな余裕はないかも知れません

高齢化が進行し今年から団塊の世代が後期高齢者に
なり始めます 一人の高齢者を一人の現役で支える
日が近づいています              




2022.1.14
ハト
OLYMPUS E-M1mark3 1/2500 f4.0 M.ZUIKO 12-100mm Pro

ハトは身近な鳥ですね             
公園 神社仏閣 家の周り どこにでもいます  

鳩という漢字の偏は九ですがこれはクークーという
鳴き声から来ているそうです          

ハトと人間の付き合いは新石器時代からと言われ 
親しみが湧くのも無理からぬことですね     

できれば余り群れなくて糞害が気にならないように
なれば良いのですが              




2022.1.13
巣箱
OLYMPUS E-M1mark3 1/160 f4.0 M.ZUIKO 12-100mm Pro

木に巣箱が取り付けられていました       
森や林が減少し野生動物が住みづらくなっています
野鳥を保護するためにこういう巣箱は必要ですね 

前面に描かれているのはエサになる虫でしょうか 
鳥が認識するのか私にはわかりません(^_^)    




2022.1.12
マガモ
OLYMPUS E-M1mark3 1/200 f4.0 M.ZUIKO 12-100mm Pro

所沢航空公園の池にマガモが泳いでいました   
左の色鮮やかなのがオスで 右の地味なのがメスで
しょうね                   

水面が油を流したように見えますね       
これは細かくうねる水面に 周りの木々などが映り
込んだためと思われます            




2022.1.11
百貨店
OLYMPUS PEN F 1/3200 f4.0 M.ZUIKO 12-45mm Pro

私たちが子供の頃 百貨店といえば他所行きの服を
着て出かけるところでした 買い物は勿論 食堂で
食事をするのも楽しみでした          
百貨店自体がブランドで商品が輝いていました  

しかしいつの頃からか自前の売り場が縮小して  
有名ブランドの売り場が増えていきました    
最近に至ってはフロア全体を専業ブランドが占有し
それが複数フロアに及び 百貨店の体を成していな
い百貨店?も現れています           

新型コロナウイルスの蔓延で売上減少が続くなか 
百貨店の奮起を期待したいところですが どうなる
ことでしょう                 




2022.1.10
パネル展示
OLYMPUS E-M1mark3 1/250 f4.0 M.ZUIKO 12-100mm Pro

パネル(上)に開設当時の所沢飛行場の様子が紹介
されていました                
滑走路は東西に1本のみで南北の側風に対応してい
ませんが風が強い時は飛行しないため問題なかった
らしいです また地面はもともと芋畑で軟かいため
砂利を敷いてはローラーで圧入する作業を繰り返し
滑走路を作ったなど苦労話があります      
徳川大尉がフランスへ行きアンリ・ファルマン複葉
機とブレリオ単葉機を購入し 日野大尉がドイツへ
行きグラーデ単葉機とライト複葉機を購入したこと
もわかります                 

もう一枚のパネル(下)には国産飛行機について 
紹介されています               
外国製最新鋭機で徳川大尉と日野大尉が所沢飛行場
で飛行した翌月1911年5月に奈良原海軍造兵中
技師が私的に製作した奈良原式二号機で飛行し国産
飛行機の初飛行となりました 彼は民間航空に専念
するため 海軍を去り製作を進め1912年には 
四号機鳳号で飛行に成功しました        
一方 徳川大尉が主任設計者となった研究会で軍用
機の国産化を進め 1911年10月初飛行に成功
しました 研究会で作ったため会式一号機と名づけ
られ この国産第一号軍用機はアンリ・ファルマン
機を上回る性能を発揮したそうです       

日本の航空界黎明期の様子がよくわかりますね  





2022.1.9
初の航空犠牲者
OLYMPUS E-M1mark3 1/250 f4.0 M.ZUIKO 12-100mm Pro

1910年に初飛行が行われ 1911年に所沢飛
行場ができ 空への関心が高まるなか 我が国初の
航空犠牲者が発生しました           

1913年3月 青山練兵場で行われた貴・衆両院
議員の観覧の後 帰投したブレリオ機が所沢飛行場
まで1500mの地点で突風に左翼を破壊され墜落
し 乗っていた木村砲兵中尉と徳田歩兵中尉の2名
が殉職しました                

銅像は義援金で建てられたものです       
当初は墜落地点に立てられましたが その後移設が
繰り返され 現在は航空公園内に設置されています




2022.1.8
国産中級練習機
OLYMPUS E-M1mark3 1/250 f4.0 M.ZUIKO 12-100mm Pro

航空自衛隊の中級練習機は先に紹介したT-6(G)を 
使用していましたが 操縦席が日本人の体格に合わ
ないことや尾輪式のため離着陸時の前方視界が悪い
などの理由で国産ジェット練習機が開発されました

国内3社が計画案を提出し審査の結果 富士重工が
採用され1958年に初飛行に成功し 1960年
から納入を開始し T-6(G)と入れ替えていきました

ジェットエンジンは最初は英国製でしたが その後
国産エンジンに入れ替えました         

写真説明が遅れましたが中央にある856と記され
た機体がそうです ジェットエンジンも展示されて
います 2006年まで45年余りパイロットの 
育成に使用されたそうです           




2022.1.7
グラーデ機
OLYMPUS E-M1mark3 1/100 f4.0 M.ZUIKO 12-100mm Pro

この単葉機は日野陸軍歩兵大尉が1910年に  
代々木練兵場で飛行したグラーデ機の模型です  

グラーデ機はその軽快な形状からトンボと呼ばれた
そうです エンジンは4気筒で設置形状からして 
クランク軸が回るタイプと思われます      
操縦席が機体の下にぶら下がっていますね    
この機体は補助翼を有していません 主翼を捻って
左右で揚力を変えて旋回する捻り翼方式です   

日野大尉は発明家だったらしく 機体・エンジンを
自ら設計した飛行機を作りましたが飛行には失敗し
ました 部下の失態の身代わりに引責辞任した後も
発明熱は冷めず 自動拳銃やヘリコプターなどを 
考案したそうです               





2022.1.6
アンリ・ファルマン機
OLYMPUS E-M1mark3 1/100 f4.0 M.ZUIKO 12-100mm Pro

お待たせしました アンリ・ファルマン機です  
1910年に徳川陸軍工兵大尉が初飛行した実機!
戦後米国に接収後 ライト・パターソン空軍博物館
に展示され 1960年に返還されたものです  

複葉機で前に昇降翼が突き出ています      
下の写真でわかるように複座で前に操縦席があり 
右手斜めに突き出した長い桿と左手の短い桿で操縦
したようです                 
操縦席の後ろにあるエンジンは放射状に配置された
7気筒ですがクランク軸は回転せずエンジンがその
周りを回るロータリーシリンダーエンジンでした 
このメリットはエンジンの高い冷却効果です   
複葉主翼の両端に下がっているのが補助翼です  
これで左右の揚力を制御して旋回します     






2022.1.5
ノースアメリカン T-6G
OLYMPUS E-M1mark3 1/400 f4.0 M.ZUIKO 12-100mm Pro

航空記念発祥記念館の中には多くの飛行機が展示 
されていました 展示室に入ってすぐに目についた
のがこの黄色い飛行機でした          

1934年に米国ノースアメリカン社で設計され 
世界33ヵ国で15,117機も使用された練習機の
ベストセラーだそうです            

日本には1955年に輸入され自衛隊で10年間に
わたってパイロットの養成に使用されました   

設計は古いですが操作装置の改良や機器の電子化に
よって長く使われたそうです          
それだけ基本設計が良かったのかもしれません  




2022.1.4
展示機
OLYMPUS E-M1mark3 1/400 f8.0 M.ZUIKO 12-100mm Pro

航空発祥記念館の前には飛行機が展示されています
そしてその横には”航空発祥の地”の碑がありました

この飛行機は米国カーチス社製C-46中型輸送機 
で同型機は第二次世界大戦に使用されました   
戦後 航空自衛隊に供与され その後輸入して物資
空輸や空挺隊訓練、兵員輸送などに使用されました

同型の別機といえど かつて戦った敵機に日の丸が
付いている光景は何か釈然としませんね     



2022.1.3
航空発祥記念館
OLYMPUS E-M1mark3 1/1600 f4.0 M.ZUIKO 12-100mm Pro

さて公園の中の航空関連の建物にやってきました 
その名も「航空発祥記念館」と言います     
航空発祥とは何のことでしょう         

実は所沢のこの地に日本で初めて専用飛行場が開設
されたのです 時は1911年(明治44年)です
格納庫、気象観測所、軽油庫、長さ400m滑走路
があり敷地面積76.3ヘクタールでした     

初飛行は同年4月に徳川大尉がフランス製複葉機の
アンリ・ファルマン機で約1分、ついで日野大尉が
ドイツ製複葉機のライト機で3分30秒の飛行を 
行いました                  

ちなみに日本での初飛行は1910年12月代々木
練兵場で行われ 14日に日野大尉がドイツ製単葉
機のグラーデ機で飛行した後 19日に徳川大尉が
アンリ・ファルマン機で飛行に成功しました   
しかし日野大尉の場合は計測できなかったため記録
が残る徳川大尉の方が初飛行になったとのことです




2022.1.2
YS-11
OLYMPUS E-M1mark3 1/2500 f4.0 M.ZUIKO 12-100mm Pro

案内マップの後ろにあったのはYS-11でした   
周知の如く戦後初めて開発された国産旅客機です 

設計をはじめ胴体、主翼、機首、尾部、操縦室など
国内メーカーが分担して作りましたが エンジン、
プロペラ、電子機器、タイヤ、ジュラルミンなどは
海外メーカーのものが採用されました      

機種名の由来は設計を担当した輸送機設計研究会の
「Y」と「S」 さらにエンジンと機体の検討段階の
案番号「1」と「1」から構成されています   
そして正式名称はワイ エス イチ イチと呼ぶ 
そうですよ                  

旅客機としてのYS-11は2006年に運行を終了 
しています ここに置かれているものは1969年
に製造され 1997年4月13日に大島から東京
へのフライトを最後に引退した機体だそうです  

お疲れ様でした                




2022.1.1
所沢航空記念公園
OLYMPUS E-M1mark3 1/5000 f4.0 M.ZUIKO 12-100mm Pro

行ってみようと思いながら なかなか行けなかった
所沢航空記念公園へ行きました         

西武新宿線の航空公園駅で降りると目の前です  
公園マップを見てみましょう          
現在地は駅のすぐ前です            
線路際にスポーツ施設があり 道を隔てて大きな 
公園が展開しています             
単なる航空関連の施設ではなく市民が憩える大きな
公園であることがわかります          

おや? 公園マップの後ろに飛行機の尾部が見えま
すね 正体は明日のお楽しみです(^_^)      




2021.12.31
睨めっこ
OLYMPUS E-M1mark3 1/320 f4.0 M.ZUIKO 12-100mm Pro

面白い光景を目撃しました           
水飲み場で飼い主が犬に水を飲ましているところに
一羽のカラスがやってきました         

カラスは近づこうとしますが 警戒されて距離を 
詰められません 睨めっこが続きます      

やがて犬は水飲みが終わり飼い主と去ろうとします
てっきりカラスが代わって水を飲みに行くと思った
のですが なんとその後を追っていきます    
水ではなく犬と飼い主に興味があったのですね  

飼い主に「カラスと仲良しですね」と声をかけると
苦笑いしていました              





2021.12.30
モコモコ
OLYMPUS E-M1mark3 1/500 f4.0 M.ZUIKO 12-100mm Pro

歩道が浮き上がっています           
よく見ると木の根が這っているように見えます  

木の根が歩道を壊して盛り上げたのでしょう   
よくコンクリートを壊して盛り上がっている道を 
見ることがありますので このような石畳風の歩道
では容易に破壊されるでしょうね        

明らかに設計ミスでしょう           
改めて木の生命力を実感しました        




2021.12.29
ジョウビタキ
OLYMPUS E-M1mark3 1/800 f6.3 M.ZUIKO 100-400mm Pro

外で小鳥の鳴き声がします           
チッチッチッ チッチッチッ と聞こえます   
そっと外へ出るのですが同時にいなくなります  
こんなことが何回か続いていたのですが     
ついに見ることができました          

ジョウビタキでした              
可愛い小鳥です 体が薄っすらオレンジがかり  
尾がそれより濃い色です            
頭が白くないのでメスですね          

ところでこの鳥の鳴き声は ヒッヒッヒッ と表現
されますが 私には チッチッチッ と聞こえます
皆さんはどうですか              




2021.12.28
遭遇
RICHO GR3 1/500 f5.6 GR LENS 18.3mm

いつものようにカメラ片手に歩いていると     
おやっ と言う光景に出くわしました       
フェンスの影が道路の片側にほぼ重なっています  
それもセンターラインと並行・垂直にです     

陽が道路に直交する形で低い角度で射しているため 
ですが この光景に思わずシャッターを切りました 




2021.12.27
モニュメント
RICHO GR3 1/1600 f2.8 GR LENS 18.3mm

立川では街中にモニュメントが沢山あることは紹介済
ですが 私も知らなかったものがまだまだあります 
単に私がそこまで歩いていなかっただけですが(^。^;)

楽しそうに演奏していますね           
私は楽器を弾ける人を尊敬します         
と言うのも私はギターもピアノも弾けません    

小中学校の頃 ハーモニカを吹いた記憶はありますが
それ以来 全くやっていません          
ギターが弾けたら 私の人生はまた違ったものに! 




2021.12.26
缶バッジ
RICHO GR3 1/60 f2.8 GR LENS 18.3mm

『負けない』缶バッジはいかがですか       

あなたは何に負けない?             
 新型コロナ、ライバル、受験競争、風評、境遇、 
色々あります 人それぞれで違いますね      

「自分に負けない」という言葉もありますよ    




2021.12.25
寒い日は
RICHO GR3 1/30 f4.0 GR LENS 18.3mm

寒いですね 冬だから当たり前ですがエアコンをつけ
ても なかなか暖かくなりません それほど寒い! 
こんな時は温泉に入りたいですね         

この温泉は京王電鉄高尾山口駅のすぐ横にあります 
スーパー銭湯ではなく本当の温泉です       
アルカリ質で露天風呂もあります         

知ったかぶりで書いていますが まだ入ったことは 
ありません                   
入ってから書けよ! と言われそうですね(^。^;)  




2021.12.24
クリスマス
RICHO GR3 1/500 f2.8 GR LENS 18.3mm

今日はクリスマスイブです            
若い人は友達と連れ立ってお食事ですかね     

ところでサンタクロースはいつ来るのでしょう   
子供の枕元にいつ置きますか? 24日? 25日?
24日の夜にプレゼントを置いてあげましょう   

チャリティーで3000円を出せばサンタクロースの
姿で子供にプレゼントを渡しに来てくれるサービスが
あるそうです 子供は喜ぶでしょうね       




2021.12.23
球根
RICHO GR3 1/1250 f2.8 GR LENS 18.3mm

店先にいろいろな花が売られていました      
その中にゴロンとした球根があります       

品名札にはヒヤシンスブルーと書かれています   
秋に植えて春に咲くのでしょう          
鉢に植えてもいいでしょうが 水栽培も洒落てますね

新型コロナウイルスとの付き合いはまだまだ続きそう
ですので 花を育ててのんびり過ごすのもいいですね




2021.12.22
道路工事
RICHO GR3 1/200 f5.6 GR LENS 18.3mm

住宅地のメイン道路は通行量が多いため痛みが激しく
他の地点に比べて補修工事の頻度が高いです    

大きな重機がアスファルトを剥がしています    
道路の片側車線のみを剥がし 反対車線は排出に使い
全面通行止めになっています           
工期を短くするためなので住民は我慢ですね    

剥がされるアスファルトの厚さが薄いですね    
薄いから早く痛むのか?             
すぐに痛むのだから薄くしているのか?      
どうなのでしょうかね              




2021.12.21
故障
OLYMPUS E-M1mark3 1/640 f4.0 M.ZUIKO 12-100mm Pro

ドローン配送実証実験での一コマです      
バッテリーが外され プロペラが畳まれていますね
どうしたのでしょうか 実は故障したのです   

注文された荷物を運んで着陸するまでは良かったの
ですが 荷物を離脱させられなかったのです   
仕方なく荷物はドローンの上蓋を開けてお客様に 
渡していました                

故障したドローンを離陸させるわけにはいきません
そこで車に積んで持ち帰ることになったわけです 
実証実験ですから故障もあるでしょう      
故障の原因を究明して 実用につなげて欲しいもの
ですね                    




2021.12.20
奉納
OLYMPUS E-M1mark3 1/60 f4.0 M.ZUIKO 12-100mm Pro

高尾山薬王院の参道に杉苗奉納の芳名板が並び圧倒
されます 壱仟本から始まり萬本単位まであります
本数が多くなるほど板が大きくなっていました  

昔は本当に苗木を奉納していたそうですが    
今はお金で奉納します 壱仟本とは1万円のことで
奉納した次の年に芳名板が掲げられるそうです  

芳名板の最後には電鉄会社の2枚が並んでいます 
その右には見覚えのある名前がありますね    
奉納本数は前後と同じ拾萬本で高額です     
さすが八王子観光大使です 地元愛に溢れています




2021.12.19
柚子
LEICA Q2 1/50 f5.6 SUMMILUX 28mm

柚子が実っています              
緑の葉に黄色い実が映えています        

柚子といえば冬至にお風呂に浮かべて所謂ゆず湯に
入ることを連想します 今年は12月22日です 

柚子はミカンの仲間ですが見た目が不細工です  
表面にシワがよって萎びたようですね      

貶してしまいましたが 柚子は色々使われます  
果汁はジュースになり 皮を削って料理に入れたり
ジャムにしたりと 身近な果物ですね      
私も自販機で柚子ジュースをよく購入します(^_^)  




2021.12.18
ケーブルカー
OLYMPUS E-M1mark3 1/200 f4.0 M.ZUIKO 12-100mm Pro

高尾山へ行った時 ケーブルカーに乗りました  
登山道も当然ありますが なにぶん歳なので(^。^;)
勿論 ケーブルを降りて山頂までは歩きましたよ 

登りではそこまで気づかなかったのですが    
下りではこのケーブルカーの特徴を実感しました 
下り始めてすぐ急傾斜となりまるでジェットコース
ターの様な感覚です 中間点で登り車両とすれ違い
お互いに離れていきます            

驚いたことに 登り車両が急傾斜を登っていきます
それもそのはずでこのケーブルカーの最大斜度は 
31度18分という日本一の急勾配だったのです 




2021.12.17
ヒメコウゾ?
Panasonic GM5 1/250 f4.0 M.ZUIKO 12-45mm Pro

黄葉した面白い形の葉を見つけました      
深い切れ込みがあります            
いつもの様にとりあえず撮りました       

帰ってから調べてみると形からしてコウゾの仲間の
の様です その中でもヒメコウゾかなと思われます

コウゾの類はこの様な形もあれば 切れ込みのない
ものもあるそうで よくわかりません      

私は面白い形の黄葉が撮れたということで満足です
植物観察マニアではありませんので(^。^;)    




2021.12.16
焼き栗
OLYMPUS E-M1mark3 1/60 f4.0 M.ZUIKO 12-100mm Pro

焼き栗の実演中です              
大きな釜で焼いているのは見たことがあります  
しかしこれは初めて見ました          

昔 よく見たポン菓子製造機を短くした様な形です
流石に「ポン」という音はしませんが      
蓋を開けると猛烈な煙が出ます         
そしてゴロゴロと焼けた栗が転げ出てきます   

よく見ると焼き機が機関車のような形をしています
煙を意識してデザインしたのでしょうかね(^_^)  

大きな釜で焼くのは経験が必要でしょうが    
これなら火力と時間そして栗の量を管理すれば  
誰でも焼けそうです              




2021.12.15
ドローン配送体験
OLYMPUS E-M1mark3 ー f4.0 M.ZUIKO 12-100mm Pro

先日紹介したドローン配送の実証実験を見て興味が
湧き、自分でも体験してみようと思いました   
ドローン着陸予定地の一つが自宅の近くにあり  
受け取りに行き易かったこともあります     

注文はセブンイレブンのネットコンビニのサイト 
から行います 妻と一緒にあれこれカゴに入れ  
支払いはクレジットカードで行いました     

注文後 すぐに受付メールが届き しばらくすると
注文確定と配送予定時刻の知らせがありました  

予定時刻前に現場に行くと係りの人がいました  
以下は聞いた話です              
・日を追うに従って注文が増え リピーターもいる
・着陸予定地には病院もあり忙しい医療関係者達が
 弁当を購入している             
・昨年12月に福岡の離島で行った時にはアイスの
 注文がたくさん入った フェリーで持ち帰るには
 時間がかかりすぎることが理由だった     
・近くにあるコンビニとの差異化に腐心している 
              
予定時刻にドローンがやってきて着陸し 段ボール
箱を置いたのち離陸して帰って行った      
箱を受け取った後アンケートの質問があり答えた 
・利用した動機:興味本位から         
・これからも利用するか:コンビニが近く微妙  
・配送料の許容額:100−200円      

妻曰く                    
「面白かった もっと沢山注文すればよかったわ」
今回の支払いは私のポケットから出しました(^。^;)





2021.12.14
ヒヨドリ
OLYMPUS E-M1mark3 1/640 f6.3 M.ZUIKO 100-400mm

おなじみのヒヨドリです            
朝 表に出てみると鳴き声が聞こえます     
見上げると ケーブルに止まっていました    

朝日を浴びて暖かそうな胸の羽毛を膨らませて  
こちらの様子を伺っています          

早速 家に戻ってカメラを取り出し 2枚撮ったら
逃げてしまいました              
また来てくれるでしょう            




2021.12.13
ドローンがやってきた
OLYMPUS E-M1mark3 1/800 f4.0 M.ZUIKO 12-100mm Pro

住宅地の公園にドローンがやってきました    
ANAとセブンイレブンジャパンが進める配送実証
実験です                   

ドローンは地域の子供達に配るお菓子を入れた  
段ボール箱を搭載して直線距離で1.4km離れた 
コンビニから所要時間4分で到着しました    
もちろんこれだけでは足りないので公園には多量の
お菓子がすでに運び込まれていました      

今回の実証実験は12月3日から19日まで行われ
重さは5kgまでで配送料は110円とのことです 
この実験を通して住宅街でのドローン配送の実用化
につなげたいそうです             

公園にはANA、セブンイレブンジャパンをはじめ
自治会などの関係者、そして警備のための警察官も
来ていて力の入れようがわかります       

公園から700mのところにもコンビニがあります
ネットコンビニで持ってきてもらうこともできます
ドローン配送がこれらのコンビニに比べて優位性が
あるのか、ニーズがあるのか どうなんでしょうね

[動画]ドローンが着陸します




2021.12.12
コダチダリア
RICHO GR3 1/1000 f4.0 GR LENS 18.3mm

散歩の道筋に背の高い大きな花が咲いています   
気になりだすとあちこちに見つかります      

調べてみるとこれはコダチ(木立)ダリアでした  
漢字の木立から俗にキダチダリアとも呼ばれます  
また学名が「Dahlia imperialis」であることから   
皇帝ダリアの別名があります           

確かに皇帝と言われるだけあって立派なダリアです 
花言葉は「乙女の真心」「乙女の純潔」だそうです 
乙女よりは女王の方が合っているように思えます  




2021.12.11
胡麻団子
OLYMPUS E-M1mark3 1/60 f4.0 M.ZUIKO 12-100mm Pro

高尾山の登山道で団子を売っていました     
『金ごまだんご』と書いてありました      
確かに金色のゴマが練り込められています    

思わず買ってしまいました           
もちもちとしてゴマの香りがします       
結構 大きい団子なので小腹を満たしました   

数日後 妻が美容室に行き高尾山へ行った話をした
ところ 美容師さんは高尾山の近くで育ったという
ことで話が弾んだそうです           
しかし妻は残念がっているのです        

美容師さんから「あそこでは 金胡麻団子より  
黒胡麻団子が美味しい」と聞いたのでした (^。^;)




2021.12.10
季節の変化
RICHO GR3 1/640 f4.0 GR LENS 18.3mm

気温が下がり 日中の影が長くなりました     
気がつくと今年も師走になっています       
新型コロナに振り回された一年ですね       

日本では新規感染者数が急速に少なくなりました  
しかしここにきてオミクロン株という変異種が出現し
予断を許しません                

来年はどうなっているのでしょうか        
季節が移り変わることだけは確かなようです    




2021.12.9
ドローン
RICHO GR3 1/640 f4.0 GR LENS 18.3mm

イチョウの通りで意外な光景にぶつかりました   
人がリモコンを操作しながら歩き その前方に   
ドローンが飛んでいます             
高度はせいぜい3m程度の低空飛行です      

ドローンの試験飛行のようでした         
道路の途中に関係者が立って ドローンの飛行への 
協力を歩行者に呼びかけていました        

最近はドローンの利用が進んでいます       
この試験飛行も何かの目的があってのことでしょうね




2021.12.8
モニュメント
RICHO GR3 1/160 f5.6 GR LENS 18.3mm

立川の街にはモニュメントがたくさんありあリます 
これらを訪ねて歩くのは楽しいです        

そのモニュメントを写真に撮りながら歩くのも   
楽しいです                   

どのように撮るかは私の自由です         




2021.12.7
爆発
RICHO GR3 1/400 f4.0 GR LENS 18.3mm

木の陰に眩しい太陽があります          
モミジが輝いています              

紅葉したモミジと まだ緑のモミジが 火花のように
広がっています                 

『芸術は爆発だ』は有名な言葉ですが       
自然も冬になる前に爆発しているようです     




2021.12.6
ガチャ
LEICA Q2 1/160 f2.8 SUMMILUX 28mm

ガチャが人気です 場所によってはかなりの数が 
整然と並べられています            

ここでは2台だけが戸外にありました      
名前も変わっています「山男のガチャ」とあります
一体何でしょう                

これは東京都の西の端にある檜原村の林業会社が 
伐採時に出る木っ端を加工して作ったオモチャや 
マグネットが入ったガチャでした        

天然の無垢の木から作られているので 色や木目や
節の有無などすべて異なり一点ものだそうです  
木を切り出す社員の姿が格好良く 求人広告にも 
なっていますね (^_^)              



2021.12.5
イチョウとベンチ
RICHO GR3 1/1250 f4.0 GR LENS 18.3mm

イチョウが黄葉し やがて落ち葉となり 地面を  
黄色い絨毯のように 埋め尽くします       
秋の深まりを感じますね             

ベンチの上には落ち葉がありません        
きっと 腰掛けた人が掃き落としたのでしょう   

暖かい日差しの中で 散歩し ベンチに腰をかけて 
ゆっくりするのもいいですね           




2021.12.4
陽だまり
RICHO GR3 1/640 f5.6 GR LENS 18.3mm

寒くなってきたので陽だまりが恋しいですね    
まだ一つ テーブルが空いています        
さあ どうぞお座りください           

座って何をしますか?              

ランチをする                  
 手作りのお弁当でしょうか           
 コンビニ弁当でしょうか            

リモートワークをする              
 そうですね 今時珍しくありませんね      

疲れたので一休みする              
 そうそう 高齢者には必要ですね        




2021.12.3
ミツバチ
OLYMPUS E-M1mark3 1/800 f6.3 M.ZUIKO 100-400mm

ミツバチの後ろ姿 可愛いですね        
アマゾンでヨチヨチ歩きの幼児用のクッションを 
連想します 転倒時に頭を保護するアレです   

翅がまた面白いですね             
飴色で細かく仕切りが入っています       
この模様はどういう必然性があるのでしょうか  

子供の頃 板状の飴に型が押してあって うまく 
切り出したら もう一つ貰える駄菓子がありました
翅を見ているとそれに似ているなあと思います  




2021.12.2
エスコートゾーン
RICHO GR3 1/800 f2.8 GR LENS 18.3mm

目の前の横断歩道を見てアレッと思いました    
横断歩道内に点字ブロックが伸びています     
まだ新しく 最近取り付けたようです       

調べてみるとエスコートゾーンというそうです   
通常 点字ブロックは横断歩道の前で終わりですね 
これは横断歩道が長かったり斜め設置だったりしても
視覚障害者が無事に横断できるように誘導ものです 

2006年に警察庁で設置指針が出され 徐々に普及
しつつあるそうです               
皆さんの周りにもありますか?          




2021.12.1
バショウの花
LEICA Q2 1/200 f5.6 SUMMILUX 28mm

時々行く散歩ルートにバショウが植わっています 
道路脇の家の庭にあり 大きな葉が道路にはみ出し
ています いつもの光景なので通り過ぎようとした
ところ 葉陰に何やら変なものを見つけました  

弾丸状のものが垂れ下がりその上にはバナナの  
ようなものが付いています           

弾丸状のものはバショウの花で バナナのような 
ものは実だそうです 初めて見ました      
バショウは姿形に南国風情を感じますが 果実が 
バナナに似ているとなると その感が増しますね 

バショウもバナナも木ではなく 同じバショウ科の
大型多年草です ちなみにバショウの実は渋くて 
食用には向いていないそうです         



2021.11.30
お酒
OLYMPUS E-M1mark3 1/160 f4.0 M.ZUIKO 12-100mm Pro

A氏とB氏が連れ立って田舎道を歩いていると  
突然 ウサギが現れて言いました        
 美味シイオ酒ガアリマス 飲ンデ行キマセンカ 
 ココデ飲ムナラ 飲ミ放題デス        
 持チ帰ルナラ 小瓶ヲアゲマス        
 期間限定サービス中デ オ代ハ頂キマセン   

A氏はこの後 運転があるので飲むわけにはいかず
小瓶をもらいました              
B氏は運転しないと嘘をついて 一人で飲み放題を
楽しみ その後 運転して帰りました      

B氏が寝ていると ウサギが出てきて言いました 
 アナタハ 嘘ヲ ツキマシタネ        
 飲酒運転ヲ シマシタネ           
 罰トシテ 運転免許証ヲ 取リ上ゲマス    

翌朝 B氏の免許証は本当になくなっていました 
警察に紛失届を出しに行くと 係官が怪訝な顔を 
して言いました                
 あなたは運転免許を取得した記録がありませんよ
 夢でもみたのではないですか?        




2021.11.29
童謡
OLYMPUS E-M1mark3 1/800 f4.0 M.ZUIKO 12-100mm Pro

御岳渓谷の遊歩道の途中に記念碑がありました  
童謡「お山の杉の子」がこの地で作曲されたという
ものです                   

この童謡についてウィキペディアからの引用です 
 戦前 学童疎開の子供達を元気付けるため歌詞を
 募集したところ入選作がなかったが 吉田テフ子
 の歌詞に選者のサトウハチローが補作して第1席
 となり 佐々木すぐるが作曲し 安西愛子の歌で
 NHKから放送され全国に広まった      
 戦後 戦意発揚の歌として封印されるが1946年に
 サトウハチローが歌詞を改訂し復活された   

今歌われている歌詞は戦後の改訂版ですが 戦前の
歌詞とは1、2番は同じで3番以降が違っています
戦前の歌詞
http://www13.big.or.jp/~sparrow/MIDI-oyamanosuginoko-original.html
戦後の歌詞
http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/oyamanosugi.html

戦争に翻弄された童謡だったのですね      
ちなみに作曲家の佐々木すぐるはコロンビア専属で
月の沙漠の作曲でも有名です          




2021.11.28

OLYMPUS E-M1mark3 1/200 f4.0 M.ZUIKO 12-100mm Pro

渓谷に架かる橋から見ると流れがよくわかります 
川の中に岩がゴロゴロしています        

大きな岩が三つ四つ並んでいるようにも見えます 
当然 上流から流れてきたのでしょう      
そのような増水が過去にあったということで   
恐ろしかったでしょうね            

今は上流にダムがあり水量を制御していますので 
そのような心配はないでしょう         
御岳渓谷は自然を楽しめる東京の奥座敷です   




2021.11.27
紅葉黄葉
OLYMPUS E-M1mark3 1/500 f4.0 M.ZUIKO 12-100mm Pro

紅葉が綺麗です いや黄葉も綺麗です      
どうして赤色や黄色になるのでしょう      
さらには褐色になるものもあります       

色が変わるメカニズムはもちろん知っています  
紅葉:葉緑素の分解とアントシアニンの生成・滞留
黄葉:葉緑素の分解とカロチノイドの顕著化   
褐葉:葉緑素の分解と褐色色素の顕著化     

どうしてモミジは黄葉せず イチョウは紅葉しない
のでしょうか                 
紅葉と黄葉、褐葉の選択理由は何なのでしょうか 

もちろん植物に含まれるそれぞれの色素の多少が 
原因していることは容易に想像できます     
では 色素の多少がある理由は何なのでしょうか 

何故何故と続けていくと夜も眠れません(^_^)   




2021.11.26
川下り
OLYMPUS E-M1mark3 1/1600 f4.0 M.ZUIKO 12-100mm Pro

多摩川上流の御岳渓谷です           
ここではカヌーのコースを作り 競技も行われます

この日はゴムボートで川下りの練習をしている若者
たちを見ることができました          

下り終えると岸に上陸し ボートを担いで上流へ 
移動し また下るという具合です        
いやー 若者は元気です            




2021.11.25
子供サッカー
OLYMPUS E-M1mark3 1/1600 f6.3 M.ZUIKO 100-400mm

秋留台公園には立派な陸上競技場があります   
トラックの内側の広いフィールドを四つに区切って
子供たちのサッカー練習が行われていました   

小学校低学年と思われます           
立派にボールを追いかけ 元気いっぱい走り回って
いました 子供にしてはボールの蹴り方やドリブル
が様になっており 見入ってしまいました    

高齢者の私から見れば将来を託す存在です    
元気に育ってほしいものです          




2021.11.24
一休み
OLYMPUS E-M1mark3 1/640 f4.0 M.ZUIKO 12-100mm Pro

マイナスイオンがあるかないかはわかりませんが 
柔らかな景色は目に 絶え間ない川の音は耳に  
安らぎをもたらすような気分になります     

忙しい日常をリセットするには最適ですね    




2021.11.23
スポーツクライミング
LEICA Q2 1/800 f5.6 SUMMILUX 28mm

オリンピックでスポーツクライミングを初めて見た
という人も多いでしょう 私もその一人です   

スピード ボルダリング リードの3種目があり 
体力はもちろん柔軟性や手指の局所的な力 そして
何よりもどのルートで登るかという思考力の総合的
なスポーツですね               

各地に練習場ができているようです       
私はあんな高いところに手指や足だけで登ることは
とてもできません(^。^;)             




2021.11.22
紅葉
OLYMPUS E-M1mark3 1/800 f4.0 M.ZUIKO 12-100mm Pro

紅葉は秋の代名詞ですね            
中でも真っ赤に染まったモミジはその代表格です 

元々「もみじ」とは『色を揉み出ずる』が語源で 
植物が色づくことを指していたそうで 特に楓が 
最も美しく色づくことから楓をモミジと呼ぶように
なったとのことです              

このモミジのような鮮やかな赤色は古くから色名に
なっていてその名も紅葉色というそうです    




2021.11.21
好々爺
Panasonic GM5 1/320 f4.0 M.ZUIKO 12-45mm Pro

散歩をしていたらお爺さんに出会いました    
赤い帽子をかぶり赤い手袋をしています     

こんにちはと言うと ニッコリしました     
お天気の話をすると ニッコリしました     
さようならと言うと ニッコリしました     

別れ際に両手を挙げて微笑みました       
頑張れよと言ってくれているようでした     

このようなお爺さんになりたいと思いました   




2021.11.20
御岳渓谷
OLYMPUS E-M1mark3 1/400 f4.0 M.ZUIKO 12-100mm Pro

秋が深まっています              
多摩川上流の青梅線御嶽駅付近の川沿いでは   
綺麗な紅葉が見られました           

渓流 紅葉 民家 山並み いつまでも見ていたい
景色でした                  




2021.11.19
光と影
LEICA Q2 1/400 f5.6 SUMMILUX 28mm

普段気に留めませんが 私たちの周りには光が満ち
溢れています 光がないと地球上のほとんどの生物
は生きていけませんね             

また逆に光の対として影も存在します      
影がないと世の中はベタな明るさだけで立体感に 
欠けて味気ないものになってしまいます     




2021.11.18
サザンカ
LEICA Q2 1/1250 f2.8 SUMMILUX 28mm

よく散歩で通る小公園にサザンカが咲いています 
季節の花ですね 濃緑の葉に赤い花が似合います 
ツバキに似ていますが花の散り方が異なりますね 

サザンカは漢字では山茶花と書きますね     
どういう意味なのでしょうか お茶と関係が?  

中国語でツバキ類一般を指す「山茶」に由来すると
ウィキペディアにありました お茶の木もツバキ類
でここから「茶」という文字が来たのでしょうね 




2021.11.17
経営改革
LEICA Q2 1/50 f5.6 SUMMILUX 28mm

自動車教習所の広告です            
よく線路脇などで見かけますね         

いや ちょっと待ってください         
お姉さんの斜め上にドローンが飛んでいます   

よく見ると「ドローンスクール」の文字があります
少子化と若者の自動車離れから経営が厳しいと聞き
ますが これも経営改革の一環でしょうか    




2021.11.16
ベニカナメモチ
Panasonic GM5 1/320 f4.0 M.ZUIKO 12-45mm Pro

赤い葉が鮮やかです              
これは新芽でその後 緑になる不思議な葉です  
名前をベニカナメモチ(紅要黐)と言います   

生垣に使われているのをよく見かけます     
新芽だけが赤くなるので赤い生垣を作りたい時には
定期的に剪定する必要があるそうです      




2021.11.15
ベッド?
LEICA Q2 1/640 f5.6 SUMMILUX 28mm

大きな木の幹が平らに加工されています     
ベッドでしょうか いえベンチです       

木はぬくもりがあります            
特に木から削り出したこのようなベンチはそうです

足を投げ出してゆったりと座り 紅葉を背に   
陽を浴びながら本でも読みたい気分になります  




2021.11.14
ガウラ
Panasonic GM5 1/2500 f4.0 M.ZUIKO 12-45mm Pro

面白い形をしていますね            
別名をハクチョウソウと言うそうで       
漢字では白蝶草と書きます 鳥ではなく蝶です  
白いチョウのイメージなのでしょうね      

春から秋まで次々と咲くそうです        
咲いている場所はよく通るところなのですが   
最近気づきました 見落としていたのでしょう  

小さい花なので見落としていたのでしょうか   
ガウラさん すみません(^。^;)         




2021.11.13
ハーレーダビッドソン
LEICA Q2 1/50 f5.6 SUMMILUX 28mm

カッコいいですね               
堂々とした体格 重量感 圧倒されます     
見ているだけで ドッドッドッ と走る姿を連想 
しますね                   

自動車は電動化が急速に進行中です       
ハーレーの電動化はどうなのでしょうか     
お店の人に聞いたところアメリカでは電動のものが
すでに販売されているとのことですが 走行距離が
1回の充電で180km程度でまだまだらしいです  

そして日本では電動のものは販売されておらず  
しばらくは従来のエンジンタイプが続くそうです 
ネット情報では電動のハーレーが日本で発売された
とありますが 微々たるものということでしょうか

電動化するとあのエンジン音がなくなり ハーレー
に乗っているという満足感が得られないのではない
でしょうかね                 




2021.11.12
ヤマジノホトトギス
OLYMPUS E-M1mark3 1/160 f4.0 M.ZUIKO 12-100mmPro

ホトトギスと言っても鳥ではなく花で      
模様がホトトギスのお腹の模様に似ているからです

この種類にはいろいろありますが        
花被片が平開し 花柱に斑がないことから    
ヤマホトトギスではなくヤマジノホトトギスと  
推測します                  

それにしても面白い形ですね          




2021.11.11
ブランコ
RICHO GR3 1/125 f5.6 GR LENS 18.3mm

このブランコ カッコいいですね         
垢抜けています                 
フランス製だと言っても納得の感があります    

公園にはブランコや滑り台 そのほか遊具がいろいろ
ありますが デザインは昔ながらのものが多いですね

このようにオシャレなデザインのものがあれば楽しい
でしょうね もちろん安全第一ですが       




2021.11.10
バラ
OLYMPUS E-M1mark3 1/800 f6.0 M.ZUIKO 100-400mm

秋もバラの季節ですね             
ここ秋留台公園でも春と秋にバラが美しい姿を見せ
てくれます                  

いつ見てもバラの姿には惚れ惚れします     
気品がありますね               

ところでバラを贈る時 本数で意味が変わることを
知っていますか? 聞きかじりですが(^。^;)   

 1本 一目惚れ あなたしかいない      
 2本 この世界はあなたと私だけ       
 3本 愛しています 告白          
 4本 死ぬまで気持ちは変わりません     
 5本 あなたに出会えて心から嬉しい     
  ・                    
  ・                    




2021.11.9
貼り紙
RICHO GR3 1/125 f4.0 GR LENS 18.3mm

壁に駐輪禁止の貼り紙が連続して貼られています  
単なるお知らせではなく もっと強い警告に見えます
もし自転車を置くと没収されそうな雰囲気です   

まさかそんなことはないでしょうが        
よほど自転車の無断駐車が多いのでしょうかね   

良く見ると 下の方に空き缶が置かれています   
缶捨て禁止の貼り紙も必要かも          




2021.11.8
センニチコウとツマグロヒョウモン
RICHO GR3 1/500 f5.6 GR LENS 18.3mm

所用があり立川へ出ました            
午前中に用事を済ませ昼食後 昭和記念公園方面へ 
ぶらぶら歩いているとセンニチコウの大きな鉢植えに
チョウが舞っていました             

チョウはツマグロヒョウモンのオスでした     
この時期は翅の一部が欠損したチョウをよく見かけ 
ますが このチョウの翅は痛んでなく綺麗なヒョウ紋
を見せていました                

天気が良く比較的暖かだったのでチョウにとっても 
良い日だったでしょう              




2021.11.7
税込価格表示
iPhone 11Pro 1/125 f1.8 4.25mm

今人気のシャインマスカットが並んでいます   
皮のまま食べられ 種がなく 甘いので大好きです

値段は100g当り258円とあります     
さらに消費税8%がかかりますので 税込価格が 
小さく278.64円と書かれています      

税込価格が円未満までキッチリ書かれていますね 
円から下の部分は切り捨てて278円と書くものと
思っていたのは私の認識不足でした       

かなり以前から円未満も表示しているようです  
それは消費者に分かり易くする為らしいのです  

例えば本体価格93円の食品は税込で100.44円
なので税込価格を100円と表示したとします  
これを3個買うと消費者は300円だと思います 

しかしレジでは3個の本体価格279円に消費税を
足して税込301.32円で 支払いは301円に 
なります 消費者は納得できませんよね     

本体価格を円未満まで表示しておけば 消費者は 
3個買うと301円になると予測できる為このよう
に細かい表示になっているとのことです     




2021.11.6
ススキ
OLYMPUS E-M1mark3 1/1000 f5.0 M.ZUIKO 100-400mm

ススキを目にすることが多くなりました     
紅葉も始まりました              

秋の深まりを感じます             
そうこうするうちに冬が到来します       

今年の冬は寒いとの予報が出ています      
寒いのは仕方がありませんが          
新型コロナが大きな流行にならないことを願います




2021.11.5
フィギュア
OLYMPUS E-M1mark3 1/1000 f4.0 M.ZUIKO 12-100mmPro

コキアの丘で フィギュアをセットしている人を 
見かけました                 

三脚を工夫して大きなフィギュアを設置し    
アルミ箔を貼った団扇を銀レフ代わりにして   
これから写真を撮るのでしょうね        

風景にフィギュアを入れて一緒に撮ることは珍しく
ありませんが こんなに大きいのは初めて見ました




2021.11.4
無視
OLYMPUS E-M1mark3 1/640 f6.3 M.ZUIKO 100-400mm

またまた 猫に遭遇しました          
また睨まれるのかと思いきや 全く無視されました

一瞥の後 悠然と日向ぼっこをしながら     
首の付近を後ろ足で掻いています        
抜けた毛が風に舞っています          

無視されましたが 警戒されないだけマシかも知れ
ません 次はお友達になれるかも(^_^)      




2021.11.3
背負っているのは!
OLYMPUS E-M1mark3 1/1600 f4.0 M.ZUIKO 12-100mmPro

天候に恵まれ 愛犬を伴ってお花畑をお散歩ですか
いいですね 良く見かける光景です       

しかし 何か驚くことはありませんか      
そうです 白いベンチを背負っていますね    
ベンチを背負う人を初めて見ました       

多分 お花畑を背景に 愛犬とともに座って写真を
撮る時に使うのでしょうね           
準備の良さに頭が下がります          




2021.11.2
コキア
OLYMPUS E-M1mark3 1/400 f4.0 M.ZUIKO 12-100mmPro

コキアは緑の丸くまとまった姿形も可愛いですが 
秋の紅葉した姿が一番印象的ですね       

原産は西アジアや中央アジアで1000年以上前に中国
を経て渡来したそうです            
和名はホウキギと言い 江戸時代には広く栽培され
枯れ枝をホウキの材料に使用していたそうです  

国営ひたち海浜公園では鑑賞時期が終わったコキア
を使ってホウキを製作するイベントがあります  




2021.11.1
総選挙
iPhone 11Pro 1/120 f1.8 4.25mm

昨日は衆議院議員選挙の投開票日でした      
皆さんの応援した候補者は当選しましたか     
そして応援した政党は議席を増やしましたか    

選挙運動期間中 選挙カーが走り スピーカーから 
大きな声で「お願い」が連呼されていました    
写真はたまたま見かけた選挙演説ですが 陸橋に人が
鈴なりになり 演説に合わせて拍手を送っていました
この政党及び支援団体の組織力を改めて感じました 

さてこれからが本番です             
選挙の時に約束したことが実行されないなら    
来年の参議院議員選挙でお仕置きが待っていますよ 
各政党 各議員の皆さん 忘れないようにね    




2021.10.31
つづら折り
OLYMPUS E-M1mark3 1/250 f4.0 M.ZUIKO 12-100mmPro

コキアの斜面に曲がりくねった道が続いています 
ジグザグのパターンが綺麗ですね        

このような九十九折りの道は 急傾斜を直線で登る
のが大変な場合につけるのですが この丘の場合は
美的な効果も狙っているのではないでしょうか  




2021.10.30
バランス
RICHO GR3 1/2000 f2.8 GR LENS 18.3mm

落ちそうで落ちない               
かろうじてバランスを保っている         
私たちの日常もそうなのかも知れません      

毎日が平穏に過ぎていく             
しかし今日まで大丈夫だからと言って 明日はどうか
誰にもわかりません               
案外 きわどいバランスの上にあるのかも知れません

しかし それに気づかないのが人間ですね     




2021.10.29
コキアの丘
OLYMPUS E-M1mark3 1/500 f5.6 M.ZUIKO 12-100mmPro

コキアが丘一面に色づいていました       
昭和記念公園と同じく国営のひたち海浜公園です 

10月中旬に行ったのですがそれまでの雨模様から
一転して良い天気に恵まれました        
時刻的にも日が傾きちょうどいい具合です    

この丘は春にはネモフィラが一面に咲きます   
そのネモフィラを全て除去してコキアを植えて  
そしてまたネモフィラに衣替えするそうです   

大変な手間がかかるでしょうが おかげで美しい 
光景を楽しむことができます          




2021.10.28
レジゴー
iPhone 11Pro 1/121 f1.8 4.25mm

皆さんはスーパーのレジはどうしていますか?  
昔は店員さんが品目と金額を入力していましたね 
随分前からバーコード読み取り方式に変わりました
しかし店員さんが入力作業をするのは同じです  

その後セルフレジと称して客が精算機で店員さんと
同じ入力作業をして支払う方式が導入されました 

最新の方式はカートにスマホを設置し商品をカゴに
入れる前にスマホでバーコードを読み取るものです
最後に精算機にスマホをかざせばデータが転送され
支払いに移れます               

手間はかかりますが買い物途中の合計金額が表示 
されるので客にとっても便利です        
そして最も良いのは レジに並ぶことなく清算でき
るということです               

専用スマホは店に常備されています       
アプリを入れた自分のスマホを使うこともできます
なお「レジゴー」はイオンでのこの方式の愛称です




2021.10.27
カマキリ
OLYMPUS E-M1mark3 1/800 f6.3 M.ZUIKO 100-400mm

散歩をしていると道路にカマキリがいました   
写真に撮ってあげようとしたところこちらを向いて
鎌を胸にファイティングポーズをとっています  

このカマキリの体は褐色です          
私はカマキリの色は最初は緑色で次第に褐色になる
のかと思っていましたが大きな間違いでした   
実は 生まれた時から色が決まっているそうです 

オオカマキリは同じ卵塊から緑色と褐色が半々づつ
生まれるそうです もし体が周囲の色に合わないと
捕食されやすくなりますが 逆に周囲の色に合って
保護色になると生き残りやすくなります     

ハラビロカマキリはほとんどが緑でコカマキリは 
ほとんどが褐色だそうです これらは生育環境に 
合わせているのでしょう しかし100%ではなく
反対色も少数生まれます            

いづれも生き残りのためだと思えますが 反対色 
も必ず出現させているところに妙があると思います




2021.10.26
ママさん
RICHO GR3 1/100 f4.0 GR LENS 18.3mm

ママさんがお客が来ないかなあと 覗いています  
お名前は「すず」さんでしょうか         

新型コロナウイルスで緊急事態宣言や蔓延防止措置が
断続的に発出され お酒を提供するお店は休業や時短
が要請され大変でした              

ようやく時短解除となりましたがお客が戻ってきて 
くれるか心配でしょうね             




2021.10.25
ダイミョウセセリ
OLYMPUS E-M1mark3 1/640 f6.3 M.ZUIKO 100-400mm

黒い翅に白斑が特徴的なので調べればわかる筈と 
いつものようにとりあえず撮りました      

どうもダイミョウセセリらしいです       
一般にセセリは翅を閉じ気味に止まるのですが  
これは翅を開いて止まっています        
名前の由来は翅の模様が大名の紋付姿を連想する 
からとのことです               

後翅に白い帯があるかないかで 関西型と関東型に
区別されます これは明確な白帯がないので関東型
でしょうね 関ヶ原が個体差の分岐点らしいです 




2021.10.24
目・目・目
RICHO GR3 1/30 f4.0 GR LENS 18.3mm

いやー 目がたくさんありますね         
こちらを見ています               

ギリシャ神話のメドゥーサは見るものを石に変えたと
言われますが この沢山の目も魔力を持っているの 
かも知れません                 

店の前を通る人を品定めして 飲兵衛を店に引っ張り
込むのではないでしょうか            
店の名前が酒呑童子ですので きっとそうです   

目を合わせないようにして足早に通り過ぎましょう 
(冗談です お店とは関係のない妄想でした)   




2021.10.23
ミドリヒョウモン
OLYMPUS E-M1mark3 1/1250 f6.3 M.ZUIKO 100-400mm

以前ツマグロヒョウモンを撮りましたが     
これはミドリヒョウモンだと思われます     

確実な見分けは後翅の裏が緑っぽくなっているのを
確認すれば良いのですが表しか見えませんでした 
今回は後翅の後端に白黒の線がなくヒョウ柄の模様
の形からしてミドリヒョウモンと推測しました  

この個体は前翅に4本の性標があることからオス 
だと思われます                

追記                     
チョウに詳しい友人からミドリヒョウモンの性標は
3本でなく4本と教えてもらい修正しました   
確かに短いのを含めて4本ありますね(^。^;)    




2021.10.22
自転車
RICHO GR3 1/1250 f4.0 GR LENS 18.3mm

コロナ禍のこともあり自転車に乗る人が増えています
小回りが利き近距離の移動にはいいですね     

しかし 自転車が人にぶつかってゲガをさせたり  
最悪の場合 死亡事故になったというニュースを新聞
などで目にします                

自動車を運転していてハッとすることがあります  
前方左側をこちらに向かって自転車が来る時です  
逆行運転です!                 
そして夜間の無灯火もよく見かけます       
気付いた時には遅かったということになりかねません

対人対物事故だけでなく整備不良による単独事故も 
年間3000件近くあるそうです         

自転車保険などで個人賠償に備え 一層の安全運転に
心がけましょう                 




2021.10.21
ベニシジミ
OLYMPUS E-M1mark3 1/800 f6.3 M.ZUIKO 100-400mm

ベニシジミは今年4月にも撮っています     
(休止中の一枚写真コーナー4月15日参照)  

しかし その時とは翅の色が少し違います    
今回のものは黒っぽくなっています       

調べてみると ベニシジミは春から秋にかけて数回
発生し 夏秋にかけて色が濃くなるそうです   

春の色の方が好きですね            




2021.10.20
壁画
RICHO GR3 1/200 f4.0 GR LENS 18.3mm

パブの白い外壁に何やら描かれています      

帽子をかぶった髭づらの男性 前にウィスキーの瓶 
その手前に吸いかけのタバコを置いた灰皿が見えます

なるほど パブの中で飲んでいる光景ですね    
きっと至福のときを過ごしているのでしょう    

バンクシーの風刺壁画とは全く趣が異なりますが  
お店の雰囲気を表していて良いですね       




2021.10.19
コスモスとミツバチと?
OLYMPUS E-M1mark3 1/1600 f5.6 M.ZUIKO 100-400mm

コスモスに近寄るミツバチです         
もちろん 吸蜜のためですね          

撮った時には気がつかなかったのですが     
面白いものが写っていました          

写真をクリックして拡大するとわかります    
コスモスの花びらにミツバチの影が写っていました
触覚もバッチリです              




2021.10.18
メルヘン
RICHO GR3 1/30 f4.0 GR LENS 18.3mm

街を歩いていると発見があります         
面白いものや意外なものを見つけては写真に撮ります

これは何でしょうね               
何かの童話の一場面でしょうか          

こういう時は自分で想像するのも面白いです    
 〜傷ついたガチョウを助けた優しい子供たち〜  
メルヘンを感じますね              

すみません そのまんましか想像できなくて(^。^;)  




2021.10.17
何のお店?
RICHO GR3 1/100 f4.0 GR LENS 18.3mm

店の前でお姉さんが呼び込みをしています     
おじさんが色々と聞いています          

お姉さんは犬を抱き 看板も犬犬犬・・・     
私は初めて知りましたが 犬カフェだそうです   

猫カフェはよく聞きますが犬カフェもできたのですね
猫が苦手な私にはこちらの方が向いているかも   

しかし カフェにほとんど入らない私には無用でした




2021.10.16

OLYMPUS E-M1mark3 1/200 f5.0 M.ZUIKO 100-400mm

散歩をしているとよく猫に出会います      

犬なら親しみを込めて近寄ってくれますが    
猫の場合は近づくどころか警戒の目で身構えます 
”俺様の縄張りに入って来るな” というように   

どうも猫は苦手です              
それでもせっかくなので写真を撮ってあげます  




2021.10.15
狛犬
RICHO GR3 1/30 f4.0 GR LENS 18.3mm

神社に行くと まず狛犬が出迎えてくれます    
よく見ると神社ごとに狛犬の顔が違いますね    

花園神社のこの狛犬は いかにも獅子という感じです
そして怖い顔をしていますね           

所によっては 犬のような顔も 狼のような顔も  
色々あって興味深いです             
そうそう 稲荷神社はお狐さんですね       




2021.10.14
赤トンボ
OLYMPUS E-M1mark3 1/800 f6.3 M.ZUIKO 100-400mm

秋ですね                   
赤トンボを見ると実感します          

赤トンボとは赤いトンボの総称ですが      
これはアキアカネでしょうか          




2021.10.13
戦災跡
OLYMPUS E-M1mark3 1/1250 f5.6 M.ZUIKO 12-100mmPro

戦後76年 戦争の傷跡は原爆ドームなどを除いて
今では見る事が出来ないと思っていました    
しかし近くに残っていたのです         

東大和市の都立公園内にありました       
旧日立航空機株式会社立川工場の変電所です   
戦争中 この工場は軍用機のエンジンを作っていて
変電所は工場内に電気を送る役目をしていました 

3回もの米軍機による銃爆撃で工場は壊滅しました
戦後 新しい会社ができ 弾痕の残った変電所は 
ほとんど修理される事なく使用され1993年末まで 
電気を送り続けたそうです           

都立公園整備にあたり取り壊される運命にありまし
たが 市民や元従業員らの運動により修復保存され
現在に至っています              

家族づれが憩う公園内に一見違和感がありますが 
2度と戦争を起こさないために貴重な遺物として 
残されてよかったと思います          






2021.10.12
ハクセキレイ
OLYMPUS E-M1mark3 1/1000 f6.3 M.ZUIKO 100-400mm

足早に歩きながら地表の虫を捕っています    
近くを飛ぶ虫も素早く獲るのを見ました     
背中も黒いのでオスだと思われます       

水辺に棲むといわれています          
確かにすぐ横に川が流れているところでした   




2021.10.11
イルカに乗った少年
RICHO GR3 1/60 f4.0 GR LENS 18.3mm

誰も知らない南の海からやってきたのでしょうか  
イルカに乗った少年は 寂しい時や悲しい時に   
やって来るといいます              

悲しくないと会えないの?            
いえいえ大丈夫です               
新宿遊歩道公園の「四季の路」で会えますよ(^_^)  




2021.10.10
ハグロトンボ
OLYMPUS E-M1mark3 1/800 f6.3 M.ZUIKO 100-400mm

翅が黒いからハグロトンボ わかりやすいですね 
腹部が緑色なのでオスだと思われます      

飛ぶ時にはチョウのようにひらひら飛び     
止まるときにはチョウのように翅を閉じます   




2021.10.9
赤の領域
RICHO GR3 1/1250 f4.0 GR LENS 18.3mm

赤く四角い鉄骨 赤白の防護柵 赤い防火水槽表示 
赤が幅を利かせています             

ちょっと変わった雰囲気の空間です        




2021.10.8
ヒメウラナミジャノメ
OLYMPUS E-M1mark3 1/800 f6.3 M.ZUIKO 100-400mm

ジャノメチョウの仲間ですが翅の裏に波模様が  
あります そして後翅の裏に蛇の目が5個あること
から ヒメウラナミジャノメだと思われます   

蛇の目は金色の輪で縁取られていて 目立ちますね
ちなみに学名はargusでギリシャ神話で100の目を
持つ巨人アルゴスに由来するそうです      




2021.10.7
対極
RICHO GR3 1/2500 f2.8 GR LENS 18.3mm

表裏 善悪 白黒 内外 長短 軽重 昼夜・・・ 
何事も一方があれば対極のもう一方があります   

どちらか一方だけが存在することはありません   




2021.10.6
ショウリョウバッタ
OLYMPUS E-M1mark3 1/640 f6.3 M.ZUIKO 100-400mm

散歩の途中にショウリョウバッタを見かけました 
頭部に何かついています            

朝露ですね                  
草にもついています              




2021.10.5
気をつけて!
OLYMPUS E-M1mark3 1/1600 f4.0 M.ZUIKO 12-100mmPro

幼い姉妹が長い階段を降りてきます       
 お姉ちゃんはしっかりした足取り       
 妹はちょっと怖そう             

階段の色がいいですね             
この色なので姉妹は登ったのでしょうか     

この階段はどこかで見たような?        
棒状で色の感じが パティシエSadaharu AOKI の 
ボンボン ショコラを連想します         

Sadaharu AOKI サイトより




2021.10.4
ミヤマアカネ
OLYMPUS E-M1mark3 1/1600 f6.1 M.ZUIKO 100-400mm

翅に褐色の帯があるトンボです         
検索の結果ミヤマアカネ(深山茜)だと思われます

褐色の帯があるトンボは世界でこれだけだそうです
最も美しい赤トンボと言われますが 胴体はまだ 
褐色です これから赤くなっていくのでしょうね 

ホバリング時に翅の帯が輪を描き美しいそうですが
みることができませんでした 残念!      




2021.10.3
出番なし
RICHO GR3 1/500 f5.6 GR LENS 18.3mm

白いテーブルと椅子がまとめられていました    
平日にコロナ感染防止が相まって来園者が少なく  
出番がない状態ですね              

よく見ると芝生の上で昼食を取っている人がいます 
(写真を大きくすると判ります)         
本来ならテーブルを使うのでしょうが 片付けられて
いるので仕方がありません            

いや 芝生の方が気分がいいかもしれませんね   




2021.10.2
クマバチ
OLYMPUS E-M1mark3 1/800 f6.3 M.ZUIKO 100-400mm

ハチが吸蜜していますが花粉まみれですね    
受粉のために良い仕事をしてくれています    

大きくて黒くて胸部に黄色い毛が生えています  
クマバチですね                
私たちはクマンバチと呼んでいました      

クマバチは顔でオスメスがわかるのですが    
この写真ではわかりませんね          
別の写真で分からないのかって!        
残念ながらこの一枚しか撮れませんでした(^。^;) 




2021.10.1
接客用語
SONY ILCE-7M2 1/20 f5.6 LEICA SUMMARON 28mm

以前紹介した醤油醸造キッコーゴの建物にあった 
ものです 接客するときにぞんざいな言葉使いを 
しないように決めたものでしょうね       

順に見ていくと                
「おはようございます」「いらっしゃいませ」  
「かしこまりました」「少々お待ちください」  

この4番目の言葉は重要です          
単に奥から商品を取り出すのに時間がかかるだけで
なく 要求に応えることができないとわかっている
場合でも一呼吸おくために必要です       

5番目以降も角を立てずにまた来てもらえるように
考えられた接客用語ですね           

全て当然の言葉で 他の商店でも使われていますが
当たり前のこととして従業員に任せるのではなく 
はっきりと示すことが大切だと思います     




2021.9.30
ホオズキ
OLYMPUS E-M1mark3 1/320 f5.6 M.ZUIKO 100-400mm

ホオズキが赤くなっています          
本当は朱色ですが赤くと言いますね(^。^;)    
この赤い部分は花を囲むガクが袋状になったものだ
そうです                   

ところでホオズキといえば7月のほおずき市を思い
浮かべますが これは温室で早く栽培したものです

ホオズキは鬼灯とも書きます          
あの朱色の膨らんだ形から連想したものでしょうが
お盆に飾ることにも関係しているかもしれませんね




2021.9.29
これは何?
OLYMPUS E-M1mark3 1/4000 f4.0 M.ZUIKO 12-100mmPro

モザイク模様が地面に描かれています      
小円 星 大円の組み合わせにグラディエーション
何かの目印に違いありません          

私が思うに これは彼方の星から飛来するUFOの
発着点ではないでしょうか           

コロナ騒ぎを忘れ宇宙の彼方へ思いを馳せましょう




2021.9.28
コミスジ
OLYMPUS E-M1mark3 1/800 f6.3 M.ZUIKO 100-400mm

最近 チョウを良く撮ります          
今までは蝶なのか蛾なのか気にもせず ただ視界を
通過しているという感覚でした(^。^;)       

チョウを撮るきっかけは超望遠ズームレンズを購入
してからです このレンズは小さな蝶でも離れて 
撮ることができます (^_^)           

このチョウは地味な色でとりあえず撮っておこう的
に撮ったものです               
帰ってから調べてみるとコミスジというらしいです
羽を広げると白い3本の線状の模様が特徴です  

非常に似たチョウにミスジがありますが 一番前の
白い線が端っこ付近で切れていることからコミスジ
だろうと推定しました             




2021.9.27
キャラクター
SONY ILCE-7M2 1/160 f5.6 LEICA SUMMARON 28mm

少し遠くまで散歩をしていて見つけました    
布団店の前に何やら立てかけられています    
後ろに人が立って顔を覗かせる写真撮影用のボード
のようです                  

そこにキャラクターが描かれ名前も書かれています
「ふっとんくん」というらしいです       
布団なので ふっとんくん とはそのまんまですね

良くみるとダブルの布団に二人で入って顔を出して
いる絵柄で 掛け布団にふっとんくんが描かれてい
ます その顔は座布団のように見えます     

布団店のご主人の力作なのかも知れませんね   




2021.9.26
ウラナミシジミ
OLYMPUS E-M1mark3 1/1000 f6.3 M.ZUIKO 100-400mm

綺麗で可愛らしいチョウに出会いました     
派手でなく 落ち着いた色と模様です      

調べてみるとウラナミシジミらしいです     
裏翅に縞模様があり さざ波のように見えますね 

後翅の端っこに斑点と尾のような突起があります 
これらが眼と触角のように見えることから後ろにも
頭があるように見せて 敵を騙しているそうです 

小さなチョウにも いろんな生きるための工夫が 
あるのですね                 




2021.9.25
ペンギン
OLYMPUS E-M1mark3 1/1600 f4.0 M.ZUIKO 12-100mmPro

林にペンギンがいました            
親子3羽が笑顔で迎えてくれています      

お父さんはブルー お母さんはピンク とおしゃれ
ですね 子供は大きくなると どちらに似るのかな

広い公園を歩き回り 一休みするところなので  
癒されますね                 

落ち葉が散り 影が長くなり 秋本番を迎えます 




2021.9.24
彼岸花
LEICA Q2 1/800 f2.0 SUMMILUX 28mm

昨日は秋分の日でした             
お彼岸は秋分の日を中日として前後3日間ですので
今はまさしくお彼岸の只中です         

お彼岸の時期に咲く花といえば彼岸花ですね   
曼珠沙華ともいいますがこれはサンスクリット語で
赤い花という意味のmanjusakaからきているとのこと

花弁が丸まって髷のようであり 突き出したしべが
簪のようでもあり 真っ赤な色と相まって妖艶な 
花魁を連想してしまいます           




2021.9.23
ベンチ
OLYMPUS E-M1mark3 1/2500 f4.0 M.ZUIKO 12-100mmPro

久しぶりにいつもの公園へ行きました      
シニア料金で入場券を購入し係員に渡すのですが 
今のご時世 受け取ることなく箱の中へ入れます 

平日でしたので入園者は少なくガラガラ状態です 
公園の目玉である広大なみんなの原っぱの中央に 
ベンチが置かれていました           

青空のもと 緑の原っぱに レインボーカラーの 
ベンチが映えていました            




2021.9.22
タマスダレ
OLYMPUS E-M1mark3 1/250 f5.0 M.ZUIKO 100-400mm

純白の花弁に黄色い雄しべが鮮やかです     
遠くからでも見つけることができます      

それにしてもタマスダレとは面白い名前です   
私などは南京玉すだれを連想してしまいますが  
あちらは宴会芸でこちらは清楚な品格があります 

名前の由来は                 
 純白の花を「玉」に             
 棒状の葉が集まっている様子を「簾」に    
見立てて名付けられたと言われています     

南米のラプラタ川流域が原産地で明治初期に日本に
入って来たそうです              
花言葉は「汚れなき愛」「純白の愛」だそうで  
花の姿を見るとなるほどと思われますね     




2021.9.21
亀甲紋
SONY ILCE-7M2 1/60 f5.6 LEICA SUMMARON 28mm

古い木造建物に商号が掲げられています     
亀甲紋に五がはめ込まれ「キッコーゴ」と言います
ここは東京都あきる野市にある1908年創業の 
醤油会社で地元では有名です          

亀甲紋に萬のキッコーマンは千葉県野田市に本社を
置く世界的醤油会社ですね           
同じく醤油会社として 亀甲富(愛知県半田市) 
亀甲鶴(福岡県久留米市)もあります      

最初に亀甲紋を使った醤油会社は1668年創業の
柴沼醤油(茨城県土浦市)だと言われ亀甲正という
商号です 柴沼醤油は土浦藩のお抱えで 土浦城は
堀が六角形で亀城と呼ばれていたことにちなんで 
亀甲紋を使用したと言われています       

亀甲正は土浦藩の醤油として江戸で人気があった 
ため亀甲紋を使った屋号(のちの商号)が増えたと
言われています                




2021.9.20
キバナコスモス
SONY ILCE-7M2 1/60 f5.6 LEICA SUMMARON 28mm

道端によく見かける花です           
ヒョロヒョロと茎が伸びて先端に花が咲いていて 
弱々しく感じますが花言葉は「野生美」だそうです

この花は害虫被害が少なく 痩せた土地でも育ち 
花期が長くて 育てやすいことからよく目にする 
のでしょうね                 

メキシコ原産で18世紀末にマドリードの植物園に
送られヨーロッパに渡来し 大正時代に日本に来た
そうですが すっかり季節の花になっていますね 




2021.9.19
SDGs
RICHO GR3 1/160 f5.6 GR LENS 18.3mm

SDGs エス・ディー・ジーズと読みます     
Sustainable Development Goals          
「持続可能な開発目標」と訳します       

最近よくこの言葉を見聞きします         
丸い輪っか状のバッジをつけた人がいます     

分かりにくい言葉の意味は            
 持続可能:世界中の人が地球上で暮らし続けられる
 開発目標:実現するためにやるべき目標     
すなわちみんなが幸せに生きていくために世界中で 
取り組み達成すべきことを表した指針です     

2015年9月に国連のサミットで2030年までにやるべき
長期的な指針として採択されました        
全部で17の目標があります           

1.貧困をなくそう               
2.飢餓をゼロに                
3.すべての人に健康と福祉を          
4.質の高い教育をみんなに           
5.ジェンダー平等を実現しよう         
6.安全な水とトイレを世界中に         
7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに   
8.働きがいも経済成長も            
9.産業と技術革新の基盤をつくろう       
10.人や国の不平等をなくそう          
11.住み続けられるまちづくりを         
12.つくる責任 使う責任            
13.気候変動に具体的な対策を          
14.海の豊かさを守ろう             
15.陸の豊かさも守ろう             
16.平和と公正をすべての人に          
17.パートナーシップで目標を達成しよう     

目標を達成するために具体的な169個のターゲット
があり さらにその下に232個のインジケーターが
あります                    




2021.9.18
ホウジャク
OLYMPUS E-M1mark3 1/800 f6.3 M.ZUIKO 100-400mm

奇妙な昆虫ですね               
高速で翅を動かしてホバリングしています    

その名を蜂雀(ホウジャク)と言います     
なるほど蜂の様に空中静止していますね     

しかし蜂でも雀でもありません 蛾なのです   
空中静止といっても花から花へ次々と飛び回るため
撮影は難しいです 撮れても羽ばたく翅が邪魔で 
なかなか良い写真になりません         

何とか撮ったのがこの一枚です (^_^)       




2021.9.17
五大絵師映像
RICHO GR3 1/20 f5.6 GR LENS 18.3mm

絵師と聞けば誰を思い浮かべますか?       
私は北斎です 特に富嶽三十六景の構図が好きです 
広重 宗達 光琳 若冲などが好きな人も多いでしょう 

これら五人の絵師の作品を大画面に映し出すイベント
に行ってきました 何と70歳以上は無料でした  

当初 大画面に映し出す必要があるのかと疑問視して
いましたが それがあったのです         
絵は非常に精細に書かれており 大映しにすることで
それがよくわかり より一層楽しむことができます 

最初の会場ではそれぞれの絵師ごとに正面の大画面に
作品が映し出され解説が流れます         
次の会場では前・左・右のスクリーンに作品がテンポ
よく映され その中に自分がいる錯覚に陥ります  

これらの映像は撮影禁止ですが最後に撮影可能の時間
が設けられました                




2021.9.16
カラスアゲハ
OLYMPUS E-M1mark3 1/800 f6.3 M.ZUIKO 100-400mm

4月からチョウなどの昆虫を撮り始めましたが  
今回初めてアゲハチョウを撮ることができました 
最初 広角レンズをつけて散歩に出たのですが  
アゲハチョウがいることに気がついて 急遽戻って
超望遠ズームレンズを持ち出しました      

ヒラヒラ飛んでなかなか止まってくれません   
粘って待っているとようやく止まってくれました 
黒い色で表面に輝きがあります         
尾状突起が片方なくなっています        

戻ってから調べてみるとカラスアゲハと思われます
確かにカラスの様に黒いです          
後翅に赤い紋がないのでオスではないでしょうか 
やはりアゲハは綺麗ですね           




2021.9.15
お代わり
RICHO GR3 1/30 f5.6 GR LENS 18.3mm

久しぶりに都心に出かけました          
普段は昼食は適当に済ますのですが 折角なので  
どこか美味しそうなところをと探しました     

選んだのは「やまや 丸の内店」です       
ランチメニューで もつ煮 鳥の唐揚げ 焼き魚など
ありましたが『もつねぎタレ焼き定食』にしました 

もつ以外に 煮物 明太子 高菜 ご飯 味噌汁が 
ついてきます                  
そして何と明太子 高菜 ご飯がお代わり自由です 

もつは口に入れるととろける様に柔らかく絶品です 
明太子はお店の看板ですから美味しいこと間違いなし
普段はお代わりしないのですが 折角なので明太子と
ご飯のお代わりをしました これだけで食べられます

また行きたいなあというのが偽らざる感想です   




2021.9.14
郵便受け
SONY ILCE-7M2 1/60 f5.6 LEICA SUMMARON 28mm

皆さんのお宅の郵便受けはどんな形ですか?   
拙宅のは塀に扉付きの受け窓を開けたものです  
何の変哲も無いですね (^。^;)          

しかしよそのお宅の郵便受けを見ると色々工夫を 
されているものが少なからずあります      

ここは時々写真を撮らせてもらう花の階段がある 
お宅ですが 可愛い家型の郵便受けです     
花が沢山あるエントランスに似合っていますね  

やはり住んでいる方のセンスなのでしょうか   




2021.9.13
タクシー
RICHO GR3 1/400 f5.6 GR LENS 18.3mm

タクシーのドアに何やら貼っています       
  タクシーアプリといえば「GO」       
何のことでしょう                

通常 タクシーに乗る方法は次のいづれかでしょう 
 ・駅などのタクシー乗り場で並ぶ        
 ・流しのタクシーに手を上げる         
 ・目印となる建物付近を指定して電話で呼ぶ   
このうち2、3番目は少々厄介ですね       

アプリを使うと簡単にタクシーを呼べるそうです  
 1.アプリを開くと現在地の地図が表示されるので
   乗車位置を指定する            
 2.タクシーを呼ぶボタンを押す        
 3.タクシーが到着する予定時刻が表示される  
 4.タクシーが来たら乗車する 予め降車位置を 
   指定していれば行き先を伝える必要はない  
 5.GO Payを使えば 車内で支払うことなしに  
   すぐに降車できる             

その後 気がついたのですがCMでもやっていますね
興味がなかったので記憶に残らなかった様です(^。^;)




2021.9.12
落ち葉
SONY ILCE-7M2 1/60 f5.6 LEICA SUMMARON 28mm

最近、肌寒くなりましたね 着るものも長袖です 
道端には雨に濡れた落ち葉がたくさん散っています
もう秋なのですね               

そういえば昔、濡れ落ち葉という言葉がありました
定年退職後にやることがないので妻にくっついて 
何をするにも一緒にいて 払っても離れない様子を
言ったものですね               

幸い私は趣味などがあり妻にべったりということは
ないのですが 一緒に行動することは良くあります

全く別行動をすると家庭内別居になり夫婦関係が 
うまくいかないでしょうから 間合いを適当にとる
ことが大事しょうね (^_^)           




2021.9.11
遊具の名前
SONY ILCE-7M2 1/60 f5.6 LEICA SUMMARON 28mm

小さな公園には遊園地にはない遊具があります  
この遊具もよく見かけますが名前はご存知ですか 

何か動物を模している様に見えますね      
背中にコブがある様にも見えますので ラクダでは
ないかというところまでは想像できます     

調べてみました                
最初に「らくだ遊具」という名前が出てきました 
やはりラクダだったのです           

この名前ではそのまんまなので検索を続けると  
「らくだん」という名前が出てきました     
語源はわかりません              
想像するに「らくだ」の後に愛着を込めて「ん」を
つけたのでしょうかね             




2021.9.10
イチモンジセセリ
OLYMPUS E-M1mark3 1/400 f6.3 M.ZUIKO 100-400mm

チョット見 蛾の様に見えますが れっきとした 
蝶です 英語ではskipper butterfly又はskippersと  
と呼ばれるそうです その名の通り通常のチョウの
様にヒラヒラではなく素早く直線的に飛びます  

名前のセセリですが「せせる」からきているそうで
「せせる」とは「つつく」という意味です    
吸蜜する時に口吻を突き立てる動作から名付けられ
たとのことです                
イチモンジは翅に紋が一文字に並んでいるからです

幼虫の時はイネを食べるのイネツキムシと呼ばれ 
害虫とされています              




2021.9.9
ウィンドウ
RICHO GR3 1/200 f5.6 GR LENS 18.3mm

窓は本来 外光を取り入れたり外を見るためのもの 
ですね しかしショーウィンドウは全く違います  
中に展示しているものを外から見てもらうための  
ものです 見る方向が異なり面白いですね     

都心のショーウィンドウにはきらびやかで見る人を 
惹きつける魅力があります ついつい見てしまいます

それと同時にその大きなガラスに外の景色を映します
外の実像 展示品 映った虚像 これらが入り混じっ
て不思議な世界が生まれます           




2021.9.8
ツマグロヒョウモン
SONY ILCE-7M2 1/250 f5.6 TAMRON 28-200mm

いつもの散歩道には花が植わっているところが  
少なからずあります そのうちの一つは塀の外に 
花壇があり季節の花が咲いています       

丁度コスモスが咲いていてチョウが吸蜜の最中です
派手な模様の翅でヒョウ柄が特徴的です     

調べると以前(2021.6.10)撮ったのと同じ種類で  
ツマグロヒョウモンでした           

しかし翅の模様が違います           
今回はメスで以前はオスだったのです      
ツマグロとは端黒のことでしょうからメスに重きを
おいた命名なのでしょうかね          




2021.9.7
宝飾品
RICHO GR3 1/200 f5.6 GR LENS 18.3mm

世の中には宝飾品が好きな人がいますね      
何かしら付けておかないと気が済まないという人です
逆にほとんどつけたくないという人もいます    
これは男女を問わずです             

ところで宝飾品とは何を指すのでしょう      
辞書には宝石類や貴金属類、それらを使った装飾品を
指すとあります                 

私は宝飾品の類は基本的につけていません     
既婚者ですが指輪もしていません         
時計もなるべくしない様にしています       

何故かというと特に理由はないのですが      
体を締め付けたくないという感覚でしょうか    




2021.9.6
落ちない
SONY ILCE-7M2 1/200 f5.6 TAMRON 28-200mm

セミの抜け殻が葉の裏側にしがみついています  
もう2ヶ月近くもこの状態です         
豪雨や強風が続いても落ちません        

以前 前年のものと思える抜け殻を撮ったことが 
ありましたが この調子だと越年しそうです   

落ちそうで落ちない岩が受験の縁起担ぎに話題と 
なったことがあります             
この抜け殻の写真はダメですかね (^。^;)    




2021.9.5
BENCH
RICHO GR3 1/60 f5.6 GR LENS 18.3mm

真新しいベンチが並んでいます          
足と背板を支持する部分が一体となってその色が赤で
人目を引きます                 

TOKYO BENCH PROJECT の文字が見えます   
ベンチに人々が佇む新しいまちの光景を作り出して 
いくプロジェクトで10年かけて銀座から上野までの
中央通り沿いを中心に1万脚のベンチ設置を目指して
いるそうです                  

ベンチには4つの効果があるそうです       
・休むことにより歩行距離が長くなる       
・無料で座ることができるので滞在時間が長くなる 
・街にいる時間が長くなり消費を促し経済効果がある
・出会いや会話が増え健康的状態、幸福度が向上する

とは言っても座っている人は誰もいないんですけど!




2021.9.4
ハナトラノオ
RICHO GR3 1/500 f2.8 GR LENS 18.3mm

ピンクが綺麗な花です              
ハナトラノオというそうで 漢字では「花虎の尾」と
書きます 虎の尾とは面白いですね        

花を見ると口を開けている様にも見えます     
シソ科の植物で穂の部分が穂紫蘇に似ていますね  
アメリカ原産で大正時代に入ってきたそうです   

耐寒性のある多年草で生命力があり手がかからない 
そうですので 庭にあってもいいですね      




2021.9.3
自動販売機
RICHO GR3 1/30 f5.6 GR LENS 18.3mm

<富山県のいいものうまいもの> の自販機です  
素干し糸するめ ほたるいか浜干し しろえび素干し
米 かまぼこチップス ケロリン湯桶ストラップ  
ケロリンタオル 朝乃山学習帳 八村塁ノート   

いやあ いろんなものがあります         
ケロリンは富山の製薬会社の薬だったのですね   
朝乃山や八村も富山出身だったのですね      

最近は変わった自販機があるそうです       
バナナ ケーキ 冷凍食品 調理した熱々ラーメン 
さらにはオムツまで売っていると聞きます     

日本は自販機天国ですね             




2021.9.2
小さなチョウ
OLYMPUS E-M1mark3 1/640 f6.3 M.ZUIKO 100-400mm

小さなチョウがいました 15mm程の大きさです
可愛いなあと思って いつもの様に撮りました  

調べてみるとヤマトシジミのようです      
小さいからシジミの名がついたのでしょうか   

そういえば貝のシジミにもヤマトシジミというのが
ありますね 汽水域にいて宍道湖が有名です   




2021.9.1
GOOD JOB !
RICHO GR3 1/1600 f4.0 GR LENS 18.3mm

陽が傾く頃 コックさんのところへ行きました  
今日の出来事を話すと『GOOD JOB ! 』と言って 
褒めてくれました               

コックさんは英語が得意なわけではありません  
いつでも 誰にでも『GOOD JOB ! 』と言います 
そして みんなを元気にしてくれます      

こんなコックさんがあなたの近くにもいます様に 




2021.8.31
花と蝶
OLYMPUS E-M1mark3 1/320 f6.3 M.ZUIKO 100-400mm

耳を澄ませましょう              
蝶が話しかけています             
花の声も聞こえます              

蝶の寿命は1週間ほどです 花も数日ですね   
お互い短い命を惜しむかの様に話し続けます   

まるで恋人の様ですね             
花が散る時 蝶も死にます           




2021.8.30

OLYMPUS E-M1mark3 1/60 f5.0 M.ZUIKO 100-400mm

私が近づくと猫は立ち上がりました       
次にどの様な行動でもできる様に身構えています 

さらに近づくと表情が険しくなりました     
変な奴が来たと思っているのでしょうか     
そのうちに下の写真の様に睨まれてしまいました 

黙って近づいたからでしょうか         
猫なで声で話しかければよかったのでしょうか  
皆さんは猫に近づく時 どうしますか?     





2021.8.29
シュウカイドウ
OLYMPUS E-M1mark3 1/200 f5.0 M.ZUIKO 100-400mm

かわいい花が咲いていました          
いつもの様にとりあえず撮りました(^_^)     

調べてみるとシュウカイドウらしいです     
花もさることながら葉に特徴があります     
中央の葉脈を境に左右で非対称ですね      

雌雄異花同株で雄花と雌花が同じ株に咲きます  
写真に写っているのは形状からして雄花ですね  
花弁に見える4枚のうち左右の2枚が花弁で上下の
2枚は萼だそうです こちらの方が大きいですね 

江戸時代に園芸用として持ち込まれたそうです  
花名は中国での名「秋海棠」の音読みです    




2021.8.28
日傘
RICHO GR3 1/500 f4.0 GR LENS 18.3mm

日差しが強い日に外出するときはどうしますか   
私は帽子を被りますが すぐに汗をかき蒸れます  

こういう時には日傘がいいですね         
直射日光を遮って 風通しも良いので快適です   
日傘といえば女性がよく使っていますが      
最近は男性用も売られている様です        

しかし自転車で傘をさすのは危ないことから    
道路交通法と都道府県条例で禁止されています   

蒸れ対策としては頭にかぶる日除け笠があります  
笠と頭の間に五徳があり風通しが良いとのことです 
使ってみたいけど人目について恥ずかしいかも(^。^;)

そういえば五輪の暑さ対策で「かぶる傘」というのが
ありました 小池知事が一昨年紹介していましたが 
あの傘はどうなったのでしょうかね        
2019年5月27日付け朝日新聞デジタルより




2021.8.27
オンブバッタ
OLYMPUS E-M1mark3 1/200 f6.3 M.ZUIKO 100-400mm

草むらで何かが跳ねました           
かがみこんで覗くと小さなバッタがいます    

頭が尖っているのでショウリョウバッタかなと思い
ましたが 帰ってから調べると 体がずんぐりして
頭・胸・腹にかけて側面に白い線が見られること 
からオンブバッタのようです          

バッタには頭が大きい種類と 尖っている種類が 
います 後者には3種類いるそうです      
 ・ショウリョウバッタ            
 ・ショウリョウバッタモドキ         
 ・オンブバッタ               
今までショウリョウバッタしか知りませんでした 

バッタは一般にメスの方がオスより体が大きく  
交尾の時にはオスがメスの上に乗るそうです   
オスがメスにオンブされるのですね(^_^)      




2021.8.26
注入
OLYMPUS PEN F 1/2500 f1.4 Voigtlander NOKTON 25mm

暑いですね                  
石も夏バテの様なので輸血してもらっています  

もちろん冗談ですよ              
街中に展示されているモニュメントの一部です  

そういえばコロナの影響で献血が減り輸血用の  
血液が不足しているそうです          
手術に支障があると困りますね         

若い頃は良く献血をしていました        
その頃は献血していると優先的に輸血してもらえる
ということがありました 今はもちろん違いますね

街中で献血を呼びかける姿を見かけますが    
献血基準に合わないため残念ながらできません  
年齢制限にひっかかります(^。^;)        




2021.8.25
何だろう?
OLYMPUS E-M1mark3 1/250 f4.0 M.ZUIKO 12-100mm Pro

何とも奇妙な 赤くてトゲがあって楕円形の実です 
葉も大きいですね                
説明板にはホウノキとあります          

調べてみると                  
樹高30m、幹直径1mにもなる大木です     
葉も大きく長さ20cm以上で40cmになることも 
モクレン科の植物だそうです           

この実はまだまだ赤くなります 実の中には多くの 
袋があり その中に種子が入っているそうです   

それにしてもこの実の形と色には驚かされます   




2021.8.24
SEGWAY TOURS
OLYMPUS E-M1mark3 1/500 f4.0 M.ZUIKO 12-100mm Pro

昭和記念公園内をセグウェイでツアーです     
先頭のガイドさんが色々説明してくれます     

良いですね 私も一回乗りたいと思っていますが  
ついつい撮影に集中してまだ乗ったことがありません

セグウェイは公道を走行できませんので      
こういう使い方しかできませんね         

なぜ公道を走れないのでしょう?         
2003年7月に敢えてセグウェイを公道で走らせた人に
対して警察は道交法違反(整備不良車両の運転禁止)
で起訴し簡易裁判所は50万円の罰金を命じました 

セグウェイはモーター出力から普通自動二輪車とされ
前照灯やブレーキ、方向指示器を装着し自賠責保険に
入る必要があるそうで 勿論バイクの免許も必要です

セグウェイの構造上ブレーキは致命的ですね    
法律を変えれば別でしょうけど          




2021.8.23
ヒマワリ
OLYMPUS E-M1mark3 1/640 f5.6 M.ZUIKO 12-100mm Pro

やはり夏はこの花ですね             
外国でひまわりは何と呼ばれているのでしょう   
英米:Sunflower  仏:Soleil  独:Sonnenblume   
スペイン語でGirasol いづれも太陽が入っています 
この花を見ると誰もが太陽を意識するのですね   

今年は雨が続きひまわりの最盛期に出かけられず残念
でしたが ようやく撮ることができました     

曇り空で時折小雨が降っていましたが 一瞬日が差し
てくれました 幸運に感謝です          




2021.8.22
パラリンピック
OLYMPUS E-M1mark3 1/2500 f4.0 M.ZUIKO 12-100mm Pro

新型コロナの新規感染者数は1日あたり2万5千人を
越えて オリンピック開幕時の5倍になっています 
入院もできず 宿泊療養もできず 自宅療養を強いら
れる状況です                  

一方、パラリンピックは予定通り24日に開幕します
IPCのパーソンズ会長の発言です        
8月16日                  
「感染状況が悪化しても大会は安全に開催できる」 
8月21日                  
「オリンピックと違う状況になれば対応を話し合う」
少しは心配しているのでしょうか         

ちなみに今年12月にブラジルで予定していた第24回
夏季デフリンピック(聴覚障害者の競技大会)は来年
5月に延期になりました             
また9月25日から開催予定だった三重とこわか国体は
県が中止を申し入れると発表しました       

競技大会は命がけで実施するものではありませんよね




2021.8.21
サギソウ
OLYMPUS E-M1mark3 1/500 f4.0 M.ZUIKO 12-100mm Pro

その名の通りシラサギの様な形をした花です    
大きく白いところが唇弁で3つに割れ 真ん中は細長
く胴体の様に 左右は扇型でその縁が細かく裂け翼の
様に見えますね                 
夏の時期に花を咲かせ涼しげな印象です      

この花は世田谷区の区の花になっています     
昔は大規模な自生地があったそうです       
夏祭りとして「せたがやホタル祭りとサギ草市」が 
開かれるのですが 昨年今年と中止になりました  




2021.8.20
お地蔵様
OLYMPUS E-M1mark3 1/160 f4.0 M.ZUIKO 12-100mm Pro

赤い毛糸の帽子をかぶったお地蔵様がいました   
通りかかった若者が声をかけました        

「お地蔵様 夏なので暑くはありませんか?」   
『いえいえ修行に集中しており暑さなど感じませぬ』

「お地蔵様 口元に白いものがついていますよ   
 何か食べたのですか?」            
『いえいえ修行中は何も食べませぬ』       

「何も食べないと体に良くありません       
 今度来るときにおにぎりを持ってきますよ」   
『いえいえ何もいりませぬ』           

若者は家に帰りました              
<さて お地蔵様は何もいらないと言っておられたが
 本当にいらないんだろうか>          
<実は 持ってくるのを期待しているのだろうか> 
<持って行った方がご利益があるかも>      
<持っていかないとバチが当たるかも>      

さて あなたならどうしますか?         




2021.8.19
新仔
OLYMPUS E-M1mark3 1/60 f8.0 M.ZUIKO 12-100mm Pro

農協で金魚を売っていました           
「玉サバ」という種類らしくて3匹で1000円です
説明書には錦鯉と一緒に飼育できるとあります   

この種類は初めて見たので調べると 30cmを超える
サイズに成長するそうです 大きいですね     
これなら錦鯉と一緒に飼育できそうです      

通販では3匹2000ー4000円で売られています
個体の差があるのでしょうが 農協は安いですね  

ところで金魚という張り紙の左上に「新仔」という 
ポップがわざわざ貼ってあります         
この言葉はウナギの蒲焼きでよく見かけ 1年未満の
若いウナギに付けられています          

これらの金魚も1年未満なのでしょうか      
調べるとその年に生まれた赤ちゃん金魚のことでした
他の生き物にも使うのでしょうか 勉強になりました




2021.8.18
コロナ禍
RICHO GR3 1/1000 f2.8 GR LENS 18.3mm

新型コロナは変異を繰り返し 今はデルタ株が猛威を
振るっています 新規感染者数は過去最多を連日の 
ように更新しています 病院にも宿泊施設にも入れず
自宅療養の人が数万人規模になっています     

政府と東京都はワクチン以外に有効な対策はないとの
認識です しかし若壮年層への接種は思う様に進んで
いません さらに2回の接種が完了してもデルタ株に
は感染し発病することが確認されています     

もはや感染拡大はオーバーシュートし制御不能とまで
言われています そして必要なときに必要な医療が受
けられないことから「自分の身は自分で守る」と驚き
の言葉まで出てきています まさに医療崩壊です! 

この店の前には上の写真の様に2枚のお知らせが貼ら
れていますが 6月には次の様に貼られていました 
EPSON R-D1x 1/500 f5.6 Voigtlander COLOR-SKOPAR 21mm

そして緊急事態宣言が延長されたため 新たな貼り紙
が掲示されることでしょう            




2021.8.17
立川と飛行機
RICHO GR3 1/2000 f4.0 GR LENS 18.3mm

立川は飛行機に深い関係があります        
その一つとして あるモニュメントを紹介します  

      『風に向かって』          
ミス・ビートル号と少年をモチーフにした作品で  
作者は立川在住の銅版造形作家 赤川政由氏です  
銘板の記述を以下に記します           

少年の空に対する憧れである「自由に空を羽ばたいて
みたい心」を表現しています。          
かつて立川は世界に開かれた空の都でもありました。
1931年8月6日、真っ赤な機体ミス・ビードル号が  
立川に降り立ちました。当時は羽田空港は開港前で 
あり、立川飛行場は首都空港として内外の飛行機が 
発着していたのです。操縦していたのはバングボーン
とハーンドンの米国人2名。彼らは立川で入念な機体
の整備を行い、10月4日に青森県三沢村の淋代海岸の
特設滑走路から人類初の太平洋無着陸横断飛行に挑み
41時間15分の後、ワシントン州のウェナッチの丘に 
胴体着陸し、約5,500マイルのノンストップ太平洋横断
を成功させました                

少年の顔が見える写真を貼り付けます
OLYMPUS E-M10Mark2 1/1250 f5.6 LUMIX 35-100mm




2021.8.16
イベント
RICHO GR3 1/30 f4.0 GR LENS 18.3mm

新型コロナで日常生活の感覚が麻痺しています  
マスク姿に慣れて 素顔を見ることはありません 
いろんなイベントは中止になりました      

人生で一番大きなイベントは結婚式でしょう   
しかし残念ながら延期せざるを得ない状況です  

婚姻届だけ出して コロナが去ってから式を挙げる
予定の人も多いことでしょう          

楽しみは先に取っておくのも良いですかね    
いえいえ そうぜざるを得ない状況なのです   




2021.8.15
アオサギ
OLYMPUS E-M1mark3 1/800 f6.3 M.ZUIKO 100-400mm

川に行くと いつもの鳥がいました       
と言っても同じ個体かどうかわかりませんが   

見飽きた鳥なので撮る気はなかったのですが   
ポーズをとっているようなので撮ってあげました 

こう見るとなかなかいいスタイルをしています  
羽の色がもっと鮮やかなら良いのですが     
それではアオサギになりませんね(^。^;)     




2021.8.14
公衆トイレ
RICHO GR3 1/30 f2.8 GR LENS 18.3mm

トイレの入り口には男女の区別が表示されています
いつものように女性は赤色でスカート姿 男性は 
青色でズボン姿ですね             

最近はトランスジェンダーに配慮して このような
色や姿を採用しない表示もあります       

ところで何か気がつきませんか         
以前とは違った表示を             

青い男性表示の胸に赤ちゃんマークがあります  
赤ちゃんのオムツを取り替えるのは女性だけでなく
男性もありうる時代になったのですね      




2021.8.13
大きな猫
RICHO GR3 1/1600 f4.0 GR LENS 18.3mm

大変です ビルの上に巨大な猫が現れました   
まずいことに視線が合ってしまいました     
飛び降りてこちらに来そうです         

いえいえ 大丈夫です             
大型湾曲ティスプレイに映し出された猫なのです 
描写の工夫で3次元的に飛び出したように見えます

普段は通常のディスプレイで種々の情報を表示して
いますが 数分おきにこの猫が現れます     
猫を見たさに ディスプレイを見つめ続けることに
なりますのでまんまと術中にはまってしまいます 




2021.8.12
ピンホールメガネ
RICHO GR3 1/100 f2.8 GR LENS 18.3mm

面白いメガネが並んでいました         
紙で作られたメガネに小さな穴が沢山開いています

眼を細めると見えやすくなるのと同じ効果を狙った
遊びメガネですね               

視力低下の根本解決にはなりませんが      
気分転換には良いかもしれません        




2021.8.11
トレニア
OLYMPUS PEN F 1/200 f4.0 LEICA 12-60mm

小鳥が口を開けて餌を欲しいと言っているようです
いや エイリアンの口のようにも見えます    

散歩がてらに草花を撮っていますが       
色々な花があるものですね           

ところで花を長く楽しむには「花がら摘み」と  
「切り戻し」が必要だと聞きました       
花がら摘みはバラ園で見たので知っていますが  
切り戻しとはなんでしょう           

切り戻しとは新しい脇芽が出ているすぐ上で切って
形を元のように整え戻すことをいうそうです   
なにぶん素人の私には聞き慣れない言葉でした  




2021.8.10
日差し
OLYMPUS PEN F 1/320 f8.0 M.ZUIKO 12-45mmPro

暑いですね                  
関東地方は先週まで太陽がギラギラ輝きほとんど 
家の中でエアコンに当たって過ごしていました  
外に出ると木陰や家の影を探して歩いています  

今週は台風の影響もあり雨がちですが蒸し暑いです
しかしこの暑さももう少しでしょう       
季節には時間制限がありいづれ移り変わるものです

一方 世界的に感染が広まっている新型コロナの 
収束はいつになるのでしょうか         
ワクチン先進国では3回目のワクチン接種が始まり
ました まだまだ終わりは見えません      




2021.8.9
セミ
OLYMPUS E-M1mark3 1/400 f4.0 M.ZUIKO 12-100mm Pro

セミの最盛期ですね               

お隣の家の壁に3匹も止まって鳴いていました   
また拙宅の網戸に止まって鳴いた時はうるさいこと 
この上なしです                 

しかしもうすぐセミの季節は終わります      
自由に鳴かせてあげましょう           




2021.8.8
自転車
RICHO GR3 1/800 f4.0 GR LENS 18.3mm

通勤通学に自転車を使う人をよく見かけます   
最寄りの駅までという人がほとんどでしょうが  
新型コロナで密を避けるため乗る人もいるようです

夏休みですから子供達が乗って遊んでいます   
学校の指導もありヘルメットをつけて 横断歩道 
では車が止まるのを待って横断しています    
感心ですね!                 

しかし大人はヘルメットをかぶりません     
さらに道路の右側を逆行したり 歩道を早い速度で
通行したり 無灯火の自転車も少なくありません 

これでは子供に対して示しがつきません     
大人もヘルメットをかぶるところから始めませんか




2021.8.7
額縁と花
OLYMPUS E-M1mark3 1/200 f5.6 M.ZUIKO 12-100mm Pro

散歩をしていると面白いものに遭遇します     
そういうものを選んで撮っているのですが(^。^;)  

白い額縁から草花が飛び出しています       
立体額縁ですね!                

普通に花を植えるより洒落ています        
常に手入れをする必要がありますね        




2021.8.6
恐竜
iPhone 11Pro 1/110 f1.8 4.25mm

恐竜の体はトカゲのような皮膚またはワニのような
ウロコで覆われているものと思っていましたが  
最近の研究で羽毛で覆われていたものもあることが
わかってきました               

この恐竜は1億2500万年前にアメリカ大陸に 
生息していた肉食恐竜ユタラプトルだそうです  
全身が羽毛に覆われ巨大なかぎ爪を持っています 

羽毛もびっくりですが目の周りの青色や首の周りの
橙色など結構カラフルで驚きました       

恐竜の前で写真を撮ることができるのですが小さな
子供たちは怖がって近づこうとしませんでした  




2021.8.5
木の精
iPhone 11Pro 1/220 f2.0 6mm

いつものように散歩をしていたら        
どこからか話しかける声が聞こえてきました   
<コンニチハ オサンポデスカ?>       

声のする方を見ても誰もいません        
おかしいなと思って見回していると       
目の前の木に目と口らしきものがあります    
この木が喋ったのでしょうか          

いやいや そんなはずはありません       
暑さで頭がおかしくなったのでしょうか     
それとも歳のせいで空耳が聞こえたのでしょうか 




2021.8.4
食べちゃうぞ
RICHO GR3 1/320 f4.0 GR LENS 18.3mm

夏休みですね                 
子供を連れて出かけられる家庭も多いことでしょう
あちこちで子供向けイベントが催されています  

ここでは恐竜のアロザウルスが歩き回っていました
ぬいぐるみですが肌の質感が本物のようです   
と言っても本物を見たことはないのですが(^。^;) 
不思議と泣き出す子供はいません        

それにしても中に入っている人は暑いでしょうね 
お互い 熱中症とコロナに気をつけましょう   




2021.8.3
カノコガ
SONY ILCE-7M2 1/125 f5.0 TAMRON 28-200mm

蜂に似ていますが蛾だそうです         
フタオビドロバチに擬態していると言われています

翅が面白く 白い斑点の部分が透明です     
写真ではよくわかりませんが背景が透けて見えます
翅に触れると鱗粉がハンコを押したように着くので
ハンコチョウとも言うそうです         

最大使命の交尾ができて子孫を残せそうですね  




2021.8.2
お祭り
OLYMPUS PEN F 1/1600 f2.8 Voigtlander NOKTON 25mm

今年も夏祭りは各地で中止になっています    
もちろん新型コロナの感染を防ぐためですね   

ワクチン接種が先行した英国や米国では感染が下火
になったのちまた拡大しています        
変異したデルタ株が主因のようです       

日本でも第5波がかってない勢いで拡大中です  
夏休み・お盆・オリンピックと人出要因が重なり 
収束はおろかピークが見通せない状況です    

お祭りだけでなく社友会や同窓会なども昨年に続き
中止の案内が届き始めています         

個人的な人流は減少せず 組織的なイベントは中止
するという世の中の動きは面白いですね     
組織的な動きは責任を伴うからでしょうか    

ちなみにオリンピックは誰が責任を持って開催して
いるのでしょうかね              




2021.8.1
エノコログサ
OLYMPUS PEN F 1/250 f4.0 M.ZUIKO 12-45mmPro

どこにでもある雑草ですね           
ネコジャラシの俗称で親しまれていますが    
正式名称はエノコログサだそうです       

いぬっころぐさ(犬っころ草)から転じたとされ 
イネ科で穀物のアワの原種だそうです      

実際に大昔は飢饉の時などに食べたと言うことです
                




2021.7.31
暗雲
iPhone 11Pro 1/1500 f2.4 1.54mm

オリンピックはメダルラッシュが続きテレビの  
実況中継は日を追うごとに熱を帯びています   

一方新型コロナ新規感染者数が増加し続けています
今まで経験したことのない感染者数です     

暗雲が都庁の建物を覆っています        
何やら不吉な前兆のようです          

感染拡大を防ぐ手立ては?           
オリンピックはどうなる?           




2021.7.30
ピクトグラム
RICHO GR3 1/30 f4.0 GR LENS 18.3mm

1週間前のオリンピック開会式見ましたか    
私もついつい見てしまいました         

全体的に何が何だかよく分からない印象でした  
入場時に流れていた音楽はゲーム音楽だそうですが
ゲーム自体をやらない私にはチンプンカンプン  
世界に配信されても感動する人はほんの一握りでは

入場行進順もよく理解できませんでした     
先頭がギリシャで最後尾が日本でその前が次回開催
のフランスであることは理解できますが さらに 
その前がアメリカというのがわかりません    
一説によるとアイウエオ順でアメリカを早く入場 
させてしまうと米国内ではチャンネルを切り替えら
れてしまうからと言われています        

挨拶が長かったのもうんざりでした       
橋本組織委員会会長の話が長いと感じていたら  
バッハIOC会長の話はもっと長かった     

そんな中で唯一面白かったのは 競技を示す絵文字
ピクトグラムを連続的にパントマイムで紹介した 
シーンでした 言葉の壁を乗り越えて世界中で  
受け入れられたのではなかったでしょうか    




2021.7.29
空蝉
OLYMPUS PEN F 1/100 f5.6 LEICA 12-60mm

朝からセミの鳴き声が聞こえてきます      
2、3種のセミの大合唱です          
ミーン ミーン  ジー ジー  カナ カナ  

案の定 セミの抜け殻があちこちにあります   
セミは土中に十数年いて地上に出てきてから   
2週間程度で死ぬと言われています       

地上では繁殖に精を出しすぐ死ぬ運命なのですね 
この抜け殻の主は大願成就したのでしょうか   




2021.7.28
滑り台
SONY ILCE-7M2 1/250 f5.6 TAMRON 28-200mm

公園にはいろんな遊具がありますが 滑り台は  
代表的なものです 誰でも滑ったことがある筈です

そのほかにブランコや砂場も公園には欠かせません
実は1956年に制定された都市公園法で児童公園には
「ブランコ」「砂場」「滑り台」の設置が義務付け
られていたのです そしてこれらは公園の三種の 
神器と言われたそうです            
(1993年の法改正でこの義務付けは無くなりました)

ところで滑り台は遊具としてだけではなく避難器具
としても使われています            
旅客機の脱出用スライダーなど言われてみれば納得
ですね                    




2021.7.27
ムクゲ
OLYMPUS E-M1mark3 1/1600 f4.0 M.ZUIKO 12-100mm Pro

色々と花の写真を載せていますが ほとんど散歩の 
途中に 垣根越しの庭や道端で見かけたもので   
自宅で撮ったのは1%もありません(^。^;)     

このムクゲもご近所の庭で 塀の上に顔を出している
のを撮りました 清楚で気品がありますね     

主に東アジアで栽培され中国からきたということです
学名はHibiscus syriacusということでハイビスカスと 
同じ仲間ですね                 




2021.7.26
植木桶?
OLYMPUS E-M1mark3 1/250 f4.0 M.ZUIKO 12-100mm Pro

いつも通るところですが階段状に花が沢山植えられて
います よくみると植木鉢ではなく 大きな木桶の 
ようなものに花が植えられているのです      

こんな植木鉢があるのでしょうか         
何か別用途の木桶を流用しているのでしょうか   

気になりだすとますます気になります       
今度 家の人がいたら聞いてみることにしましょう 




2021.7.25
防犯カメラ
iPhone 11Pro 1/500 f1.8 4.25mm

今では街中に防犯カメラがあるのは当たり前です 
何か事件があった時、状況把握に使われます   
容疑者が逃走した時など リレー方式で逃走経路が
わかったりします               

スーパーなどにも万引き対策で安全カメラと称して
設置されていますね              
さらに住宅街にも空き巣に対応するため設置されて
います こちらは牽制効果を狙って防犯カメラと 
大きく表示しています             

防犯カメラ、安全カメラ 名称は色々ですが要は 
監視カメラですね               
中国にはさらに多くの監視カメラがあると聞きます

日本でも同様に数が増え、監視社会になるのは  
いやですね                  




2021.7.24
オニユリ
OLYMPUS E-M1mark3 1/320 f4.0 M.ZUIKO 12-100mm Pro

花弁のオレンジ色 ヒョウ柄の斑点 花粉の深紅色 
鮮やかな色合いです 自分を主張しています    

けばけばしい色合いはオニユリの名に通じます   
一方 球根はユリ根として食べることができます  

おとなしいイメージのユリの中でオニという名が付き
ますが、私は好きです フォトジェニックですね  




2021.7.23
さあ夏休み
OLYMPUS PEN F 1/320 f4.0 M.ZUIKO 12-45mmPro

夏休みが始まっています            
子供達にねだられて 海へ 山へ 観光地へ   
いや奥様にねだられて計画するのかも      

と言うのは一昨年までの話ですね        
いまやコロナ感染が広がる中 県外移動は自粛が 
望まれています                

仕方がないのでオリンピックでもテレビで見ますか




2021.7.22
モンシロチョウ
OLYMPUS E-M1mark3 1/160 f4 M.ZUIKO 12-100mm Pro

よく見かけるモンシロチョウですが調べてみると  
面白いことがわかりました            
ど素人の私がネットで仕入れたことなので     
詳しい方には何を今更的な話でスミマセン(^。^;)  

前提として昆虫は紫外線が見えます 紫外線ランプを
使った誘蛾灯はこの特性をうまく利用したものですね

モンシロチョウは鱗粉の構造の違いによりオスの翅は
紫外線を吸収しメスの翅は紫外線を反射するそうです
このためモンシロチョウには オスの翅は暗くメスの
翅は明るく見えるとのことでした         

これなら交尾相手を間違うことはなさそうですね  




2021.7.21
ワクワク
LEICA Q2 1/200 f2.8 SUMMILUX 28mm

都会は人工物で覆われています         
久しぶりに来ると発見の連続です        

全てが魅力的です               
被写体にあふれています            
まるで外国の見慣れない風景のようです     

その国の人にとってはありふれた光景でしょうね 




2021.7.20
スズメ
OLYMPUS E-M1mark3 1/800 f6.3 M.ZUIKO 100-400mm

2羽のスズメが道端にいました         
1羽がもう1羽を追いかけています       

追いかけていたスズメが大きく口を開けました  
もう一方がくちばしを突っ込み餌をあげました  

大きさは2羽とも同じくらいですが餌をあげた方の
ホオやクチバシが黒いことに気がつきました   
もらった方のクチバシの縁は黄色くホオはあまり 
黒くありません                
やはり親子だったんですね           

しかしこんなに大きいのに餌をねだるなんて   
甘えん坊ですね                




2021.7.19
ウキウキ
LEICA Q2 1/200 f2.8 SUMMILUX 28mm

大都会のディスプレイはしゃれていますね    
見ているだけで心がウキウキしてきます     
元気が出てきます               

しかし日頃これらを見ている人は横目で見るだけで
何も感じないかも知れませんね         
慣れっこになってしまって           




2021.7.18
カタツムリ
OLYMPUS E-M1mark3 1/200 f4 M.ZUIKO 12-100mm Pro

カタツムリを見るとあの童謡を思い出します    

 でんでんむしむし かたつむり         
 おまえの めだまは どこにある        
 つのだせ やりだせ めだまだせ        

「つの」や「めだま」はわかりますね       
では「やり」はどれでしょう           

『ダーウィンが来た!』でやっていました     
「やり」はカタツムリのお腹に隠れていて     
交尾の時に相手を突っつくために出てきます    
このため普段は外からは見えないそうです     




2021.7.17
歩きスマホ
LEICA Q2 1/50 f5.6 SUMMILUX 28mm

電車に乗ると横の人も前の人もスマホをいじって 
います 高齢の女性が素早い指使いでメールを  
打っているのを見たときには驚きました     

今やスマホは生活必需品です          
常に触っていないと落ち着かないという人も多い 
と聞きます メールやメッセージが来ていないか 
チェックし素早く返信するのがマナーのようです 

お嬢さんたち 歩きながらのスマホ操作は危険です
スマホを使うときは立ち止まってやりましょうね 




2021.7.16
偶然の出会い
SONY ILCE-7M2 1/250 f5.6 TAMRON 28-200mm

放射状の葉の上に落ち葉が!          
滑り落ちそうで落ちません           

不思議に惹かれるものがあります        
・放射状で右下に集中している形        
・葉の緑と落ち葉の黄色の対比         

放射状の葉、落ち葉、私 偶然の出会いでした  




2021.7.15
都心
LEICA Q2 1/50 f5.6 SUMMILUX 28mm

コロナ感染防止のため近隣の散歩しかしていません
でしたが ワクチンを打ったこともあり 先月末 
久々に都心に出かけました 勿論マスクをつけて!

普段は郊外に住んでいて、時たま都心に出かけるの
は良いですね 両方体験するからこそ それぞれの
良さを実感できます              

しかし久しぶりの遠出のため快速電車に乗って  
降車駅を通過するというハプニングもありました 

いや注意が散漫になったのは歳をとったせいなの 
かも知れませんね               




2021.7.14
睨まれる
OLYMPUS E-M1mark3 1/800 f6.3 M.ZUIKO 100-400mm

この日も川にアオサギがいたので撮っていました  
放流したアユなどを食べて困った鳥だと思いながら 

すると突然、こちらを向いて睨んだのです     
私のつぶやきが聞こえたのでしょうか       

彼らも生きるために魚を獲っているのですから   
これも自然の摂理と見守るべきなのでしょう    
アオサギさん ごめんなさい           




2021.7.13
保守費用
LEICA Q2 1/1000 f2.8 SUMMILUX 28mm

住民の要望は無い物ねだりの側面があります   
隣の自治体にはあるのにここにはないと言って  
体育館やグランド、文化施設などを作るように要望
していませんか                

これらのいわゆる箱物は建設費だけでは済みません
後々、保守費用がかさみ財政が逼迫した例は数え 
きれなくあります               

一方、日常生活に必須の道路や橋、ガードレール等
維持管理を必要とするものはたくさんあります  
これらの保守を怠ることはできません      

規模の小さい自治体ではこれらの施設を自前で作る
より近隣自治体の施設を利用し、その利用料等を 
補助する方が安上がりではないでしょうか    
近隣自治体としても利用効率が上がります    

万が一財政が逼迫すれば補助をやめれば良いのです
作ってしまった箱物は簡単には捨てられません  




2021.7.12
オオセンナリ
SONY ILCE-7M2 1/160 f5.6 TAMRON 28-200mm

面白い形の蕾から青い花が咲いています     
蕾はホオズキに似ています           
オオセンナリといい別名センナリホオズキです  

南米原産で江戸時代に観賞用として入って来たそう
ですが逃げ出したものが今では野生化しています 

実はホオズキと同じように球形で中に液が入って 
いますが、毒があるので食べられないそうです  




2021.7.11
曲がった?
EPSON R-D1x 1/220 f8.0 Voigtlander COLOR-SKOPAR 21mm

うあー 石が曲がっている           

と思ったのは私の早合点でした         
石橋用に石をアーチ状に削ったのでしょう    

散歩がてらに いや撮るために散歩していると  
面白い光景に出くわすものです         




2021.7.10
アオサギ
OLYMPUS E-M1mark3 1/800 f6.3 M.ZUIKO 100-400mm

近くの川でアオサギを良く見かけます       
川の中を歩いて鋭い目で魚を見つけては食べています
川には鮎が放流されていますので彼らにとっては  
食べ放題のバイキングなのでしょう        

先日、川の中ではなく川岸の木の上にいるのを発見 
しました 枝の上にすくっと立っています     
まっすぐ水平方向を見ていますので川の獲物を探して
いるわけではなさそうです            

沈思黙考し世の哀れを感じているのでしょうか   




2021.7.9
落し物
LEICA Q2 1/800 f4.0 SUMMILUX 28mm

照明用のポールの下に帽子があります      
多分落し物でしょう              

あなたは落し物を見つけたらどうしますか?   
財布など貴重品なら交番に届けますよね     
このような帽子ならそのまま置いておく方が   
落とし主が探しに来たとき見つけることができて 
良いでしょう                 

この帽子は多分歩道の中ほどに落ちていたのを  
見つけた人がポールの下に移動させたのでしょう 
雨に打たれ、陽に照らされ、かなりの日数放置され
ているように見えます             

持ち主はもう諦めたのでしょうかね       




2021.7.8
ジキタリス
LEICA Q2 1/320 f2.0 SUMMILUX 28mm

歩道わきに派手な模様の花が咲いていました   
派手なのは花の内側のヒョウ柄の斑点です    

調べるとジキタリスらしく別名はキツネノテブクロ
というそうです                
釣鐘状の花が縦に連なって長く咲くので見栄えが 
ありますね                  

原産地はヨーロッパや西アジアで薬草として渡来し
たのち、園芸用として栽培されたり野草化したりと
その後の生き様はいろいろですね        




2021.7.7
もこもこ
OLYMPUS PEN F 1/500 f2.8 Voigtlander NOKTON 25mm

散歩の途中に”もこもこ”の木を発見しました   
庭がオープンなので道路から良く見えます    
庭木をダンゴの連なりのように剪定しているのです

何かに似ているなあと思いました        
NHK子供番組「みいつけた!」に出てくる    
キャラクターの「サボさん」にどこか似ています 




2021.7.6
ネコ
OLYMPUS E-M1mark3 1/800 f6.3 M.ZUIKO 100-400mm

皆さんは猫派ですか、犬派ですか?        
私は犬派です                  
猫は何を考えているのかわかりません       
猫派の人はそこが良いのだと言います       
主人のご機嫌を伺うようなことをしないのが良いと 

犬は基本的に飼い主が散歩させ糞の始末をします  
しかし猫は一人で歩き回り道路ならまだしも他人の 
庭に糞をします                 
車を運転中に前を猫が横切ることがあります    
途中で立ち止まり、こちらを見てから横切ります  
いかにも「止まれよ!」と言っているようです   

不遜な態度はやはり好きになれません       
皆さんはどうですか               




2021.7.5

OLYMPUS E-M1mark3 1/200 f5.0 M.ZUIKO 100-400mm

毎日雨ですね                  
梅雨だから仕方がないのですが          
雨だと出て行く気にもなりません         

こういうときは写真を整理したり         
ビデオを見たり                 
寝転んだり                   

こんなことでは与党の某女性議員に生産的でないと 
叱られそうですね                
しかしコロナ対策としては最善です        




2021.7.4
むしゃむしゃ
OLYMPUS E-M1mark3 1/800 f6.3 M.ZUIKO 100-400mm

道路の縁石にトンボが止まっていました      
早速撮ってみると何やら口にくわえています    
昆虫の羽がみえ、むしゃむしゃと食べています   

そうでした トンボは肉食なのです        
生きた昆虫を空中で捕まえるそうです       

小さい昆虫はトンボに食べられ、トンボはツバメなど
の鳥類やカマキリ、クモ、カエルなどに食べられます

弱肉強食の自然界を垣間見ました         




2021.7.3
遊具の色
SONY ILCE-7M2 1/250 f5.6 TAMRON 28-200mm

公園には遊具があります            
大抵の場合、遊具の色は原色で自然界ではあまり 
見ない派手なものが多いです          

逆に遊具の色が地味だったらどうでしょう    
カバの色が本物と同じ色だったら生々しすぎて  
子供は寄り付きません             

遊具の色は派手な色だからこそ子供たちが遊ぶの 
です 公園は子供たちの夢の世界なのです    




2021.7.2
カッコウアザミ
SONY ILCE-7M2 1/250 f5.6 TAMRON 28-200mm

道端に紫色が綺麗な花が咲いていました     
調べてみるとカッコウアザミという草花でした  

葉の形がシソ科の薬草のカッコウに似ていてアザミ
のような花が咲くことから名付けられたそうです 

学名をアゲラタムと言いギリシャ語のageratosから
きています ageratosとは古くならない 年をとら
ないという意味で、この花は開花時期が長く、花の
色が褪せないことにちなんでいるそうです 花言葉
は「永遠の美」ということで縁起が良い花ですね 




2021.7.1
都議会議員選挙
OLYMPUS PEN F 1/1600 f2.0 Voigtlander NOKTON 25mm

今週の日曜日は東京都議会議員選挙の投票日です 
しかし今、東京は大変な状況です        
・コロナ感染がリバウンドしデルタ株が拡大中  
・ワクチン接種を自治体、大規模、職域で進行中 
・コロナ禍の中でオリンピック開幕が目前に迫る 

選挙などしている時かという雰囲気はありますが 
秋の衆議院議員選挙の前哨戦とも言われています 
日頃の思いを1票に託して投票しましょう    

私は期日前投票を予定しています        




2021.6.30
コスモス
SONY ILCE-7M2 1/200 f5.6 TAMRON 28-200mm

もうコスモスが咲いています          
コスモスは秋桜と書くほど秋のイメージですが  
どうして今頃咲いているのでしょう       

調べてみました                
コスモスは短日性といって日が短くなると開花する
性質があるため秋に咲きます          
しかし品種改良が進んで短日性の性質を持たない 
早咲きのものもあり、これがいま咲いているのです

コスモスは昭和記念公園でよく撮っていますが  
秋のものだとばかり思っていました       
勉強になりました               




2021.6.29
***のある消防署
OLYMPUS PEN F 1/1250 f2.0 Voigtlander NOKTON 25mm

消防署前に置かれた石に文字が刻まれています  
 『山岳救助隊のある消防署』         

消防署は沢山ありますが山岳救助隊のある消防署は
なかなかないでしょうね            
関東平野の西端で奥多摩登山の入り口に近いため 
必要なのでしょうが、近くに住むものとして何か 
頼もしく感じます               

救助隊が出動する事態にならない方が良いのですが
もしもの時に備えて山に行く時には登山届けを駅や
登山口にあるポストに入れておきましょう    
こうすることで捜索範囲を絞ることができます  




2021.6.28
ミツバチ
OLYMPUS PEN F 1/320 f2.0 Voigtlander NOKTON 25mm

ミツバチがタチアオイで吸蜜中です       
腰回りが黒っぽくないのでセイヨウミツバチかなと
思いますがどうなのでしょうか         

セイヨウミツバチは日本の環境に適応できなくて 
野生では生きていけず飼われているらしいのです 
近くに養蜂家がいるのかも知れません      
ニホンミツバチより蜜を沢山集めるので養蜂には 
適していると聞きます             

ミツバチの天敵はオオスズメバチです      
以前独り言(2020.10.1付)で紹介しましたように
ニホンミツバチは熱殺蜂球という方法で対抗します
がセイヨウミツバチが居た欧州ではオオスズメバチ
が居ない為こういう対抗手段を知らず無謀にも突撃
するそうです そして全滅することが多いとのこと




2021.6.27
人気店
EPSON R-D1x 1/220 f8.0 Voigtlander COLOR-SKOPAR 21mm

駅近くにラーメンで有名なチェーン店があります 
昼時はもとより、その後も店の前に行列ができます
店の閉店は15時です 通りかかった時は平日で 
14時過ぎでしたが待っている人たちがいました 

私も10年以上前に一度入ったことがあります  
注文してから隣の人を見ると山盛りのラーメンを 
食べています きっと大盛りだと思いました   
しかし離れたテーブルの人たちも大盛りのようです
ひょっとしてこの店では普通盛りがあのように量が
多いのではと心配になりました         

しばらくして目の前に置かれたラーメンは隣と同じ
山盛りです 心配は当たりました        
味はとびきり美味しいと思いませんでした    

それ以来、入っていません           
しかし雨の日でも行列ができることから 人気の 
秘密を探るべくもう一度入るべきかと迷っています




2021.6.26
アジサイ
EPSON R-D1x 1/180 f8.0 Voigtlander COLOR-SKOPAR 21mm

塀を背にしてアジサイが咲いていました     
一方に白いアジサイ 他方に赤紫のアジサイ   
お互いに見ることができません         

ある時、白いアジサイが背を伸ばし塀の上から  
後ろを見ました あれ!変な色のやつがいるぞ  
ある時、赤紫のアジサイが塀の横から顔を出し  
後ろを見ました あれ!顔色の悪いやつがいるぞ 

神様が言いました               
あなたたちは同じアジサイです 仲良くしなさい 




2021.6.25
表情
LEICA Q2 1/50 f4.0 SUMMILUX 28mm

歩いていると視線を感じました         

下から私を見つめています           
何とも不思議な顔でした            
驚いている? 呆れている? 同情している?  

私はどうしたのと聞いてみました        

その顔は小さな声で言いました         
・一年半経ってもコロナは収束しないんだね!  
・それでもオリンピックはやるんだね!     
・君達のことを第一に考える偉い人がいないんだ!

私は答えようがありませんでした        




2021.6.24
マダラアシゾウムシ
OLYMPUS E-M1mark3 1/800 f6.3 M.ZUIKO 100-400mm

例によってカメラを肩に歩いていたら道路に何やら 
動くものがいました               
よく見ると1cm少々の小さな虫が歩いています   

よく見えないのでとりあえず超望遠ズームで覗くと 
頭の前方に長い突起を持っています        
これは面白そうと何枚か撮りました        

少し触ると一瞬にして足を丸め横になり動かなくなり
ました 2分ほどそのままで死んだふりをしている 
ようでしたが、その後また歩き出しました     

戻ってから調べてみるとマダラアシゾウムシと思われ
ます 口が長く延びて象の鼻みたいですね     
ウルシやクヌギ、コナラなどの新芽を食べるそうです




2021.6.23
至福のとき
RICHO GR3 1/800 f4.0 GR LENS 18.3mm

コロナ騒ぎを忘れてゆったりと釣りをする     
良いですね                   
周りに人はいません               
聞こえるのは川のせせらぎ 鳥の声 葉の揺れる音 

平日の午後 このように至福の時間を過ごせるのは 
リタイアされた方なのでしょうね         

その様子を撮る小生も同じくリタイア組です    
残る人生ゆっくり過ごしましょう         




2021.6.22
タチアオイ
LEICA Q2 1/400 f2.0 SUMMILUX 28mm

タチアオイはその名の通り縦にまっすぐ茎を伸ばし
人の背丈を越えます              
花は下から上へ順に咲いて行きます       
風にゆらゆらと危なげですが寒さにも暑さにも強い
丈夫な植物だそうです             

原産地は地中海沿岸地方ですが中国では花や根が 
薬草として用いられ利尿薬や胃腸薬だったそうです
また西洋では最古のハーブとして咳止めとして使わ
れていた時代もあったそうです         

日本へは中国から持ち込まれましたが、観賞用に 
栽培されてきました              
あっという間に高くなり、次々と綺麗な花を咲かせ
毎日楽しませてくれています          




2021.6.21
吊り橋
RICHO GR3 1/320 f4.0 GR LENS 18.3mm

吊り橋といえばロープで吊り下げられた木製の橋を 
連想しますね                  
これは歩くところは木ですが鉄製の頑丈な手すりが 
つき、何本もの鉄製ワイヤーで吊り下げられています
さらに川の両岸には太い鉄製の支柱が支えています 

これだけ頑丈なら揺れないかと思いきや 歩くたびに
はっきり揺れを感じます             
地震の時はもっと揺れるでしょう         
避難できずに座り込んでしまいそうです      




2021.6.20
キジバト
OLYMPUS E-M1mark3 1/800 f6.3 M.ZUIKO 100-400mm

子供の頃、ハトを飼っていました 伝書鳩です   
最初、メスの1羽を貰い小屋で飼い始めると    
次の日の夕方、ハトが小屋に飛び込んできたのです 
やってきたのはオスの伝書鳩でした        

ひょんなことから飼い始めた伝書鳩はすぐに卵を産み
孵ったヒナはピーピーと可愛かったです      
公園に連れて行き離すとちゃんと帰ってきました  

写真のハトはキジバトといって伝書鳩でも公園にいる
ドバトでもありません              

うろこ模様の背と首の青っぽい白黒の模様が特徴です
首の模様がおしゃれですね            




2021.6.19
宝くじ
LEICA Q2 1/60 f2.0 SUMMILUX 28mm

宝くじの収益金は自治体の収入になって福祉などに
使われていると聞いていました。        

身近な例がありました             
公園の遊具に「日本宝くじ協会」と表示された  
プレートが付いていました           
宝くじはこういうところにも使われているのですね

調べてみました                
宝くじは当選金や経費を除いた約40%が収益金に
なり発売元の都道府県や指定都市に収められます 
このお金は少子高齢化対策、防災対策、公園整備、
教育や福祉施設の建設改修などに使われています 

宝くじは滅多に当たりませんが、外れても寄付して
いると思えばがっかりすることはないですね   




2021.6.18
黄金の花
OLYMPUS PEN F 1/2000 f2.0 Voigtlander NOKTON 25mm

黄色というより黄金色といったほうがいいですね 
検索するとキンシバイ(金糸梅)がヒットしました
金色で梅の花に形が似ているのでつけられたとか 

しかしキンシバイは下向きに咲き、花弁を大きく 
開かないらしいので違う品種かもしれません   

さらに調べると似た品種でヒドコートがあります 
キンシバイなどが交配された園芸品種でキンシバイ
よりも生育旺盛で花が大型で花数が多く見栄えが 
良く長期間に渡り花を咲かせることからキンシバイ
に代わって広く栽培されているそうです     
ヒドコートの可能性が高いですね        




2021.6.17
育つ
OLYMPUS E-M1mark3 1/400 f5.8 M.ZUIKO 100-400mm

子供、特に幼児の成長は早いですね        

生まれた時はただお乳を飲んで眠るだけですが   
しばらくすると目が見え、手で掴もうとします   
足をバタバタさせるのは歩くための練習でしょうか 
こちらの動きに合わせて反応しだすと可愛いですね 
歩きだすとさらに可愛さが増します        
いろんなものに興味を示し毎日が楽しそうです   

幼児の行動や仕草に注目したのは最初の孫ができた 
時でした 見ていると幼児期のこれらの仕草は共通の
ものらしく、出先で見かける幼児も全く同じです  

ここで疑問です 子供が生まれた時に同じ経験をした
筈なのにどうして孫たちを見て感動するのでしょう 
子育ての責任がなく、ゆったりと眺めることができる
からでしょうか                 




2021.6.16
アジサイ
OLYMPUS PEN F 1/2500 f2.0 Voigtlander NOKTON 25mm

アジサイをよく見かけます           
梅雨時の定番です  見ると心が和みます    

人間界は新型コロナの世界的流行で右往左往ですが
花はそんな騒ぎは知らないようで、毎年綺麗な花を
咲かせてくれます               

違った! 綺麗なガクというべきですね (^。^;)




2021.6.15
回転扉
OLYMPUS PEN F 1/4000 f2.0 Voigtlander NOKTON 25mm

綺麗な花をつけた木が鉢に植えられています   

花は造花ですが、それは大したことではありません
問題は鉢が置かれている場所です        
なんと回転扉の中ではありませんか       

大丈夫です 横に別の扉がありました      




2021.6.14
カルガモ
OLYMPUS E-M1mark3 1/800 f6.3 M.ZUIKO 100-400mm

川の浅瀬にカルガモが休んでいました       
食事を終えて満腹なのでしょうか         

仲良くいるところを見るとペアなのでしょうね   
どちらがオスでどちらがメスなのでしょうか     

背中の羽の縁がより白く縁取られている左のほうが 
メスであろうと推測しています          




2021.6.13
食品サンプル
iPhone 11Pro 1/100 f1.8 4.25mm

先月のことですがスーパーで買い物をしていたら  
魚売り場に食品サンプルが置いてありました    
鮭の切り身が並んでいる中に鎮座しています    

これまで販促食品を使った実演がよく行われて   
いましたが、最近はコロナのせいか見かけません  
食品サンプルはピンチヒッターなのでしょうね   

実演には及ばないでしょうが少しは購買意欲を刺激 
することでしょう                




2021.6.12
コジャノメ
OLYMPUS E-M1mark3 1/640 f6.3 M.ZUIKO 100-400mm

道路の縁石に止まっている小さな蝶を発見しました 
木の幹に止まって樹液を吸っているチョウを見た後 
なので今度はコンクリートか?と思ったのですが  
流石にそれはないですよね            

斑点の数や色の様子からコジャノメと推察しました 
たんに休んでいただけでしょうね         




2021.6.11
イチゴ
iPhone 11Pro 1/120 f1.8 4.25mm

家庭菜園をされている方も多いことでしょう    
我が家でも庭で少しだけこの春から始めました   
と言ってもやっているのは妻です(^。^;)      

最初にイチゴの苗を4本ほど植えました      
花が咲いて実がなると嬉しいものです       
しかし収穫いや手にする個数は思ったほどではなく 
数日に1個を分け合って食卓に出る程度です    
味の方は甘さが少ないです 見栄えは良いのですが 

コスパは買った方が圧倒的にいいですね      




2021.6.10
ツマグロヒョウモン
OLYMPUS E-M1mark3 1/800 f6.3 M.ZUIKO 100-400mm

河原に咲いているヒメジョンにヒョウ柄で目立つ翅の
チョウが止まって蜜を吸って吸っていました    
調べてみるとツマグロヒョウモンのオスのようでした

格好良いですね                 
全翼機のような形でこのまま飛んでいきそうです  




2021.6.9
ポップコーン
OLYMPUS PEN F 1/800 f2.8 Voigtlander NOKTON 25mm

店先でポップコーンを売っていました      
下の方に何か書いてあります          
『ワンちゃん用です! 人間は食べないでください!』

聞くと「バターを使わず、塩はごく微量で味が薄く
美味しくないだけで、人間も食べることはできる」
とのことでした                

それでも犬には美味しいのでしょうか?     
人間はよほど美味しいものを食べているのですね 

ここで疑問が湧いてきました          
そもそも犬にポップコーンをあげる必要があるので
しょうか?                  




2021.6.8
バトンタッチ
OLYMPUS PEN F 1/80 f4.0 LEICA 12-60mm

切り株の空洞から植物が芽吹いています      
朽ちていく切り株の栄養を吸収して育つのでしょうか
自然界に無駄なものはありません         

私たちも次世代の人たちの役に立ちたいものですが 
少なくとも害となるものを残さないようにしましょう




2021.6.7
サトキマダラヒカゲ
OLYMPUS E-M1mark3 1/800 f6.3 M.ZUIKO 100-400mm

木の幹にチョウが止まっていました        
普通は花に止まって蜜を吸うのに珍しいですね   
いや私だけが知らないのでしょうが(^。^;)      
検索するとサトキマダラヒカゲ(里黄斑日陰)という
名前のようです ジャノメチョウの仲間ですね   

木の幹から樹液を吸って花に止まるのは稀だそうです
よく似たチョウにヤマキマダラヒカゲがありますが 
翅付根近くの3個の斑点の位置関係で判断しました 
もし間違っていたらごご教授下さい        




2021.6.6
公園
OLYMPUS PEN F 1/1000 f4.0 LEICA 12-60mm

都心の公園では飲酒によるコロナ感染拡大を防止する
ため公園の封鎖が行われているそうです      
一方、郊外の住宅地にある公園は子供達が遊ぶ場所 
ですが、人がほとんどいません          
少子化が影響して子供の数が減っているからです  

今年1−3月期の出生数は19万2977人で   
前年同期に対し9.2%減少しています       
厚労省は今年の出生数が過去最少を更新し80万人を
割り込む見通しを示しています          




2021.6.5
ホタルブクロ
OLYMPUS E-M1mark3 1/500 f5.0 M.ZUIKO 100-400mm

面白い名前ですね                
調べるとホタルを捕まえてこの花の中に入れ開口部を
ねじて逃げられなくして遊んだことから来ている説と
提灯を「火垂る袋」という地方があり、提灯に似て 
いるからという説がありました          

関東では赤紫色、関西では白色が多いらしいですが 
可愛らしい形からよく栽培されるそうです     




2021.6.4
郵便ポスト
OLYMPUS PEN F 1/2000 f4.0 LEICA 12-60mm

散歩をしていると郵便ポストが新しくなっていました
何かひとまわり小さくなっています        

調べると郵便ポストの正式名称は「郵便差出箱」で 
誕生順に番号が振ってあります          
主なものをピックアップすると次の通りです    
郵便差出箱1号(丸型):赤色の丸い筒状     
郵便差出箱1号(角型):赤色の大きな箱型    
郵便差出箱4号(速達専用):青色の大きな箱型  
郵便差出箱7号:差入口が2箇所になった赤色の箱型
郵便差出箱10号:赤色の大型箱型(83H45W56D cm)
郵便差出箱14号:赤色の小型箱型(52H35W40D cm)

今回見つけたのは「郵便差出箱14号」でした   




2021.6.3
モンシロチョウ
OLYMPUS PEN F 1/3200 f2.0 Voigtlander NOKTON 25mm

昔からよく見かける白いチョウですね      
ふわふわと花の周りを飛び回り高くは飛びません 
モンシロチョウが飛んでいる風景はのどかな感じが
しますが幼虫はキャベツなどの葉を食べる害虫です

虫食いがあるキャベツは無農薬栽培なのでしょうが
スーパーなどでは綺麗なキャベツしか見ません  
やはり虫食い野菜は売れないでしょうね     




2021.6.2
点字ブロック
OLYMPUS PEN F 1/2500 f1.4 Voigtlander NOKTON 25mm

黄色い点字ブロックを道路やホームで見かけますね 
この点字ブロックに2種類あることを知っていますか
 ・警告ブロック(点状)            
  危険箇所や対象施設の位置を示す       
 ・誘導ブロック(線状)            
  線の方向が進行方向を示す          

写真のブロックでは点状部分と線状部分が組み合わ 
さっています                  
点状部分がホームの端に近いという警告であり   
線状部分が進行方向を誘導しています       
警告と誘導が近接していて危なっかしいですね   

こんな点字ブロックを頼りにホームの端を歩く視覚 
障害者は心細いことでしょう           
サポートが必要な人を見かけたら一声かけるように 
しましょう                   




2021.6.1
花と蝶
OLYMPUS PEN F 1/640 f4.0 Voigtlander NOKTON 25mm

  花が女か 男が蝶か             
  蝶のくちづけ うけながら          
  花が散るとき 蝶が死ぬ           
  そんな恋する女になりたい          

歌謡曲の歌詞の通り 花がなくなると蝶も死ぬので 
しょうね キリンソウにジャノメチョウが止まって 
盛んに吸蜜していました             




2021.5.31
縞模様
OLYMPUS PEN F 1/8000 f2.0 Voigtlander NOKTON 25mm

縞模様と言われて何を思い浮かべますか      
シマウマ、ラグビーのユニホーム、囚人服、地層など
最も身近な縞模様といえば横断歩道がありますね  
よく目立つようにあのデザインになったのでしょう 

ところで昔は模様が少し違っていたのを覚えてますか
1992年11月に現在の模様になったのですが  
それ以前はシマシマの両横に一本づつ白線があり  
いわゆるハシゴ模様でした            
30年ほど前のことなのに私もすっかり忘れてました

ちなみに日本で最初の横断歩道は1920年に設置 
されました それも路面電車の線路を横断するため 
のもので、平行な2本線が引かれていたそうです  




2021.5.30
ユウゲショウ
OLYMPUS E-M1mark3 1/800 f6.3 M.ZUIKO 100-400mm

庭に雑草が生えているので抜こうとしたら妻から制止
されました ハーブで抜いたらダメだと言うのです 
しばらくすると直径2cmほどの小さなピンク色の花が
咲いてきて 可愛いといえば言えなくもありません 

検索するとユウゲショウ(夕化粧)という植物でした
名前に反して昼間に咲いて夕方には萎みます    
アメリカからの帰化植物で明治時代に観賞用で入って
きたものが逃げ出して野生化したそうです     

さらに引き抜いても根が残って再生する厄介な雑草だ
との説明があります  このことはまだ妻には言って
いません さてどうしたものでしょう       




2021.5.29
ウサギとカメ
OLYMPUS PEN F 1/800 f2.8 Voigtlander NOKTON 25mm

イソップのウサギとカメの話はみんな知っていますね
足の速いウサギと遅いカメが駆けっこをしたところ 
油断したウサギが着実に歩を進めたカメに負けたと 
いうお話です自信過剰を戒め、着実に努力することで
報われるとの教えですね             

この話にはもう一つ教訓が隠れているといいます  
・ウサギはカメを見ながら走っていたのです    
 だから相手の歩みが遅いのを見て油断して寝てしま
 ったのです                  
・カメはウサギではなくゴールを目指して歩きました
 だからウサギが寝ていても休まなかったのです  
「何を見るか」「何を目標にするか」が大切だと言う
教えです                    




2021.5.28
シャガ
Panasonic GM5 1/200 f4.0 M.ZUIKO 12-45mm Pro

これも小公園で見つけたのですが変わった花びらです
模様は涼しげで浴衣の柄にしても良い印象です   
形はアヤメに似ていますね            

シャガは花が咲いても種を作らないので増やすには 
株分けで行うそうです このため人為的に増えていき
公園などに生育しているのですね         




2021.5.27
優先駐車マーク
RICHO GR3 1/640 f4.0 GR LENS 18.3mm

店舗の入り口に近い駐車スペースには車椅子マークが
よく描かれていますが、この店舗では車椅子マークを
含めて4種類のシンボルマークがありました    

車椅子マークだけの場合でも高齢者や妊婦など歩行が
辛い人は駐車できるのですが、このように具体的に描
いてくれればわかりやすいですね         




2021.5.26
毛むくじゃら
Panasonic GM5 1/100 f5.6 M.ZUIKO 12-45mm Pro

コロナ対策で出かけなくなり近くを散歩する機会が 
多くなりました このためか気づかなかった花など 
を発見することがよくあります          
この花は小さな公園に咲いていたのですが私は初めて
見るものでした                 
毛むくじゃらで青い花が咲いています       
何か気持ちの悪い印象です            

とりあえず写真を撮って家に帰ってから検索すると 
ボリジまたはルリジサという花のようです     
地中海沿岸が原産地で青い花は聖母マリアの青い衣を
描くのに使われ、葉や茎は食用にされ西洋では勇気を
生み出すハーブとして知られているそうです    

気持ちの悪い印象を持ったのは私だけだったのかも 
知れませんね                  




2021.5.25
ヒヨドリ
OLYMPUS E-M1mark3 1/800 f6.3 M.ZUIKO 100-400mm

以前は秋から春にかけてやって来る渡り鳥でしたが 
50年くらい前から一年中棲むようになったそうです

家の周りで大きな声で「ヒヨ ヒヨ ヒヨ」または 
伸ばして「ヒーヨ ヒーヨ」と鳴きます      
鳴き声が名前の由来だと言われるほど煩く鳴きます 
少しは他の鳥に遠慮して小声にして欲しいですね  




2021.5.24
花の階段
RICHO GR3 1/400 f2.8 GR LENS 18.3mm

散歩時に庭に花が植えられているのをよく目にします
通るたびに咲く様子が変わっていたり、別の花に植え
替えられたりして、今日はどうなっているのかなと思
いながら歩くのも楽しみです           

この家では階段の両脇に鉢植えが並べられていました
まさに花に囲まれた毎日ですね          




2021.5.23
Book & Cafe
RICHO GR3 1/30 f4.0 GR LENS 18.3mm

書店とカフェが同一スペースにあります 
案内板には、未購入の本を3冊までカフェ
に持ち込み可で、読み終えればカフェ内の
返却棚に戻すように書かれています   

その後書店スタッフが汚れなどをチェック
して本棚に戻すそうですが、汚された場合
の損失はどのように処理するのでしょう 
書店とカフェで折半?         




2021.5.22
シャーレーポピー
OLYMPUS E-M1mark3 1/640 f5.8 M.ZUIKO 100-400mm

別名ヒナゲシ、虞美人草として知られます
いろんな色がありますが、この赤い色が 
元々の色だそうです          

花びらが薄く風に吹かれてひらひらと変形
します しかし丈夫な花だそうです   




2021.5.21
緊急事態宣言対応
RICHO GR3 1/30 f4.0 GR LENS 18.3mm

緊急事態宣言は12日以降も継続されました
東京都は大型商業施設に対して引き続き生活
必需品以外は休業を要請しています    

しかしこのショッピングモールは11日まで
は食料品以外、飲食店を含めて休業していま
したが12日以降は宝飾店も含めてほとんど
の売り場の営業を再開しています     
背に腹は変えられないと言うことでしょうか

百貨店でも生活必需品の範囲を見直し多くの
売り場を再開させています        
テレビのインタビューで年配のご婦人が  
「百貨店が開いていて嬉しい これから私 
 大丸、高島屋、三越とハシゴするの」  
と言っていたのには驚きました      




2021.5.20
花がら摘み
OLYMPUS E-M1mark3 1/800 f5.4 M.ZUIKO 100-400mm

バラ園で綺麗に咲いた花を切っていました
勿体無いと私などは思ってしまいます  
しかしこの作業は花がら摘みと言って  
必要な作業だそうです         

痛み始めた花を切り取って株への負担を 
少なくし長く鑑賞するためだと言います 




2021.5.19
連日のバラ
OLYMPUS E-M1mark3 1/2000 f6.3 M.ZUIKO 100-400mm

バラの連投ですみません         
しかしこの姿を見ると載せずに入られません

昨日 バラには気品があると書きましたが 
その所以はこの形ですね         
そっと触れたくなります         




2021.5.18
バラ
OLYMPUS E-M1mark3 1/1250 f6.0 M.ZUIKO 100-400mm

バラを栽培する人は多いですね      
庭に丹精込めたバラが見事に咲いているのを
見させてもらうのはありがたいことです  

バラの魅力はどこにあるのでしょう    
美しい色 芸術的な形 ・・・      
いえいえ何と言っても気品があります   




2021.5.17
母の日?
RICHO GR3 1/40 f2.8 GR LENS 18.3mm

昨日、目にした光景です        
母の日の贈り物が並んでいました    
アレッ 母の日はとっくに過ぎたはずです
よく見ると「お母さん 遅れてごめんね」
の張り紙があります          

このお店は大型商業施設に入っていて  
母の日には施設ごと休業していたのでした
仕入れた商品を売りたいのでしょうね  




2021.5.16
花と昆虫
OLYMPUS E-M1mark3 1/800 f6.3 M.ZUIKO 100-400mm

道端に生えている花に昆虫がいました      

この花はハルジオンと言って北米からの外来種で 
侵略的外来種ワースト100に入っているそうです
侵略的とは物々しいですが優先して対策すべき  
外来種を指すそうです             

昆虫は緑色で体に毛が生えています       
検索してみるとコアオハナムグリでヒットしました
キク科の植物の花粉を食べ、花に潜り込むことが 
語源となってハナムグリというそうです     




2021.5.15
白いチューリップ
OLYMPUS E-M1mark3 1/2000 f5.6 M.ZUIKO 100-400mm

赤や黄のチューリップは明るく周りに元気を放出 
しますが、この白いチューリップは八重咲きにも 
かかわらず清楚で落ち着いた雰囲気ですね    

あなたはどんなチューリップが好きですか?   
チューリップの品種は多いので好みの品種を探して
Myチューリップとするのもいいかも知れません  




2021.5.14
トンボ
OLYMPUS E-M1mark3 1/800 f6.3 M.ZUIKO 100-400mm

散歩をしているとチョウをよく見かけますが  
トンボも時々目にします           
チョウはひらひらと飛び回りますが      
トンボはそれほどでもないので撮りやすいですね

このトンボは翅を閉じて止まっていました   
さらに翅の形状が全て同じで腹部が細く全体的に
弱々しい感じからカワトンボの仲間ではないかと
思いますが知識がなく詳しいことは分かりません




2021.5.13
オオデマリ
SONY RX100M6 1/3200 f4.0 ZEISS 9-72mm

白い大きな花が咲いているのを見つけました 
一見、アジサイのように見えます      
もう咲いているのかと思いましたが     
そんなはずはありません 早過ぎます    
画像検索してみるとオオデマリらしいです  
 
説明文には姿形がアジサイそっくりで白い花が
手毬のように丸く固まって咲くとありました 
間違えるのも当然ですね          




2021.5.12
外出自粛
EPSON R-D1x 1/450 f4.0 Voigtlander NOKTON 35mm

新型コロナウイルスの変異株が従来株を駆逐して 
全国に広がっています             
緊急事態宣言は2県を追加してして延長されました
外出自粛が続きこれが常態化しています     

高齢者へのワクチン接種が始まっていますが   
外出の多い若壮年層への接種時期は見通せません 
しかし五輪の開催だけは決まっているようです  




2021.5.11
ツツジ
SONY RX100M6 1/1000 f4.0 ZEISS 9-72mm

この時期を代表する花です         
学校の校庭にもよく植えられています    
調べてみるとこの花の蜜には毒があるそうです
昆虫は平気で蜜を吸っていますが解毒機能を 
持っているのでしょうね          
 
似た花にサツキがありツツジより遅れて咲き 
花も葉も小ぶりで盆栽でも見かけますね   
季語ではツツジは春 サツキは夏だそうです 




2021.5.10
アオサギ
SONY RX100M6 1/200 f4.5 ZEISS 9-72mm

アオサギが獲物に飛びかからんとしています
この時期、もともと川にいるハヤなどの他に
アユが放流されていて食べ放題状態です  
写真を撮っていると放流した漁業組合の方が
通りかかり大変困っていると言っていました
 
対策として防鳥用の糸を川の上に張っている
のですが その間をくぐり抜けて飛来します




2021.5.9
奇妙な花
OLYMPUS E-M1mark3 1/400 f5.9 M.ZUIKO 100-400mm

チューリップ畑に奇妙な花がありました  
細い葉が勢いよく上に伸びいますが    
花はしおれたように下に垂れています   
googleの画像検索で調べてみると     
ヨウラクユリ(瓔珞百合)でした     
瓔珞とは仏壇を飾る仏具でその形が似ている
ことから来ています           
  
瓔珞は魔除けの役割も果たすそうですが  
この花も魔除け感いっぱいです      




2021.5.8
藤の花
Panasonic GM5 1/60 f5.6 M.ZUIKO 12-45mm Pro

ご近所に藤の花が綺麗に咲いていました    
長く垂れ下がり見事な藤色です        
見させてもらえるのは嬉しいですが      
自宅の庭でこのように咲かすのは大変でしょうね

ところでフジはマメ科だそうです       
大豆の親戚とは思っても見ませんでした    
 



2021.5.7
チューリップといえば
OLYMPUS E-M1mark3 1/1600 f5.6 M.ZUIKO 100-400mm

チューリップの絵を子供に描いてもらうと   
このような典型的な形を描きますね      
チューリップの品種はどれほどあるのでしょう 
調べてみると5,000品種以上あるそうです  
一見してチューリップと思えないものもあります

と思うのは典型的な形が刷り込まれて     
いるからでしょうね             




2021.5.6
ポピー
OLYMPUS E-M1mark3 1/800 f6.0 M.ZUIKO 100-400mm

ポピーが咲き始めました            
種類はアイスランドポピーです         
ヒナゲシと言われるシャーレーポピーより早く  
咲きます                   
ちなみにヒナゲシは虞美人草とも言われますが  
この名前を聞くと               
項羽が垓下で詠んだ詩の一節を思い出します   
 「虞や虞や若(なんじ)を奈何(いかに)せん」

ヒナゲシに思い入れましたが          
アイスランドポピーも良いですね        




2021.5.5
こどもの日
OLYMPUS PEN F 1/1000 f5.6 LEICA 12-60mm

祝日法による「こどもの日」の趣旨は次の通りです
『こどもの人格を重んじ            
 こどもの幸せをはかるとともに        
 母に感謝する』               

うーん 父親にも感謝して欲しいですよね    




2021.5.4
チューリップ
OLYMPUS E-M1mark3 1/250 f5.6 M.ZUIKO 100-400mm

同種のチューリップが纏まっているのも圧巻ですが 
他の花とバランスよく植えられているのも良いですね
昭和記念公園では色んな工夫をしています     

配色も良く素敵でした              




2021.5.3
テントウムシ
OLYMPUS E-M1mark3 1/800 f6.3 M.ZUIKO 100-400mm

テントウムシをイメージして真っ先に頭に浮かぶのは
赤に黒斑点のナナホシテントウでしょう      
種類がたくさんある中でこれを思い出すのは    
可愛いからでしょうね              

絵本にも描かれていますのでその影響もあるのかも 




2021.5.2
昭和記念公園
OLYMPUS E-M1mark3 1/1000 f5.6 M.ZUIKO 100-400mm

臨時休園が明けた昭和記念公園に久しぶりに行き 
ました 丹精込めたチューリップがこれでもかと 
咲いていて多くの人が来ていました       
みんな待ち焦がれていたようですね       

今は第3次緊急事態宣言でまたまた臨時休園中です




2021.5.1
静かなる湖面
iPhone 11Pro 1/2300 f1.8 4.3mm

青空 白い雲 こういう日は気分が良いですね   
湖面には波紋一つなく景色が鏡のように映っています
こんな景色はウユニ湖にでも行かないと      
なかなか撮れません               
ラッキーでした                 

スミマセン 嘘です               
スマホに鏡を仕掛けてそれらしく撮りました 笑  




タイトル画面へ戻る